スポンサーリンク

台湾桃園国際空港と市内へのアクセス方法

台湾桃園国際空港と市内へのアクセス

2016/09/30 更新


Taiwan Taoyuan International Airport
  • データガイド

スポンサーリンク

概要

特徴

台湾桃園国際空港内部

台湾桃園国際空港は、台北の中心から西におよそ40キロメートル、桃園市に位置するにある台湾で一番大きい空港だ。チャイナエアラインとエバー航空がハブ空港として利用しており、羽田空港、成田空港、関西国際空港などをはじめ、日本各地の空港との直行便も就航。2014年の総旅客数は3580万人を超え、世界で11番目に忙しい空港であった。ターミナルは2つあり、両者は無料のシャトルバスまたは「スカイトレイン」と呼ばれる連絡列車で移動することができる。

開港は1979年で、以前は中華民国の初代総統、蒋介石の本名にちなんで中正国際空港(Chiang Kai-shek International Airport)と呼ばれていたが、2006年9月に現在の名前に改称された。

また、空港と台北を結ぶ新交通システム「桃園国際空港MRT」は2016年内に開通との事だが、トラブルが相次ぎ見通しが立っていないのが実情だ。

・台湾桃園国際空港公式ホームページ(日本語)
http://www.taoyuan-airport.com/japanese/Index/

・各ターミナルのマップ(日本語)
http://www.taoyuan-airport.com/japanese/service_facilities

Wi-Fi、SIMカード

台湾桃園国際空港のフリーWi-Fi

空港内は無料のWi-Fiが利用できる。〈Airport Free Wi-Fi〉のネットワークを利用して、無料でインターネットに接続しよう。

また、ターミナル内ではプリペイド式のSIMカードも販売している。入国審査を済ませて荷物を受け取ったら、「電信服務」と書いてある看板を目指そう。使用料も安価で、どこでも快適にネットを使用したいという人にお勧めだ。中国の電気通信会社の最大手「中華電信」や「台湾大哥大」、「遠博電信」と複数のキャリアのブースがあり、SIMカードの挿入も行ってくれる。料金プランはほぼ横並びなので、旅行の日数やプランに合わせて適切なキャリアを選択しよう。

なお、予め日本でスマートフォンのSIMロックを解除しておくか、SIMロックフリーのスマートフォンを使用するのを忘れずに。ロックのかかっているスマートフォンしかない場合には、グローバルWi-Fiのレンタルするのも手だ。

免税店、お土産、レストラン

台湾桃園国際空港の免税店

各ターミナルではさまざまなショップが入店しておりお茶や中国菓子、ブランド品までほとんどのものが手に入る。。営業時間も長く、6:00-23:00頃までショッピングを楽しめ、更には24時間営業しているスーパーも。

第2ターミナル3階にある免税店「EVERRICH DUTY FREE SHOP」では世界各国の免税製品や煙草、工芸品、香水、化粧品、国内のお土産品等を取り扱っており、グッチやアルマーニ、ジャックダニエルといったさまざまな有名ブランドも展開中。下記リンク先の取り扱いブランド一覧を確認して、お目当てのブランドがあるか事前にチェックしよう。

・EVERRICH DUTY FREE SHOPの取り扱いブランド一覧
https://www.everrich.com/tw/directory

レストランも、台湾料理専門店から日本料理、エスニック料理、西洋料理までありとあらゆるジャンルが揃い、カフェやバー等形態もさまざま。第2ターミナル4階はレストラン街になっているが、日本人観光客が到着する事の多い第1ターミナルも3階を中心に食事ができるエリアが広がっている。食べ損ねたご当地グルメがある人もここで最後の食事を楽しめるだろう。

また、空港内の至る所にシャワールームが用意されているのも嬉しいところ。リンスインシャンプーやボディソープ、 バスタオル、フェイスタオル、ドライヤー等の備品も用意されているので、出国前やトランジットの合間にさっぱりしたいという人にもお勧めだ。

スポンサーリンク

ラウンジ

台湾桃園国際空港のラウンジ

台湾桃園国際空港はプライオリティパス(年会費を支払う事で世界中900ヵ所以上の空港ラウンジに無料で入場できるパス)で入場可能なラウンジが多いのも特徴。2016年春にオープンした「Plaza Premium Lounge」もそのひとつで、シェフによる出来立ての台湾料理が食べられるのが魅力だ。24時間営業なので深夜や早朝の便に搭乗予定の人にも有り難い。また、「トランスアジア航空VIPラウンジ」や第2ターミナルにもある「MORE PREMIUM LOUNGES」も入場可能だ。

>>ラウンジが利用できるクレジットカードはこちら<<

両替所、ATM、ロッカー

台湾桃園国際空港での両替

両替所とATMは空港各所に、手荷物預かり所はターミナル1の1階出国ロビー南側、ターミナル2の1階入国ロビー南側と3階出国ロビー南側にある。両替所では30元の手数料がかかるが、スムーズな手続きをしてくれるのでお勧め。市内の銀行よりはややレートが高めである。

台湾桃園国際空港から市内へのアクセス

入国ロビーは各ターミナル1階。入国審査⇒預けた荷物の受け取り⇒税関を通過して出口を出たら、空港内の標識にしたがって各交通機関への乗り継ぎを行おう。

客運バス

台湾桃園国際空港のバス

台湾桃園国際空港と台北市内を結ぶ空港リムジンバス。ターミナル2→ターミナル1の順に停車する。主要ホテルやMRT駅近くに停車するので便利。市内中心部への路線(下記)のほか、台北松山空港への路線も複数あり。

■國光客運-國光号(Kuo-Kuang Motor Transportation)
・「1819」号線: 台北駅(台北車站/Taipei Main Station)行き。メトロ圓山(Yuanshan)駅、國賓大飯店(Ambassador Hotel)等に停車。24時間、15分-20分おき(深夜は60分おき)の運行。
料金:大人片道125元。
所要時間:およそ55分。

■長榮巴士(長栄バス/Evergreen Bus)
・「5201」号線:台北市行き。メトロ行天宮(Xingtian Temple)駅、 メトロ南京復興(Nanjing Fuxing)駅、メトロ忠孝復興(Zhongxiao Fuxing)駅などに停車。20分-30分おき(6:15-0:30)の運行。
所要時間:およそ50分-60分。
料金:大人片道125元。

■大有巴士(大有バス/CitiAir Bus)
・東路1960号線: 市政府バスターミナル(市府轉運站/City Hall Bus Station)行き。メトロ忠孝復興駅、君悦飯店(Grand Hyatt Taipei)停留所などに停車。30分おき(5:50-1:00)の運行。
所要時間:およそ70分-80分。
料金:大人片道145元。

・西路1961号線:台北西バスターミナルA棟(台北西站A棟/Taipei West Bus Station)行き。圓山飯店(Grand Hotel)停留所、台北喜來登大飯店(Sheraton Taipei Hotel)停留所などに停車。20分-40分おき(5:50-1:00)の運行。
所要時間:およそ70分-80分。
料金:大人片道90元。

■乗り場
「客運巴士/Bus to City」のサインにしたがって、ターミナル1の地下1階あるいはターミナル2の1階入国ロビーを出たところの乗り場へ。乗り場に係員がいるので、行先(ホテル名等)を中国語で書いたものやチケットを見せるなどして乗車前に確認してもらうと安心。

台湾高速鉄道シャトルバス 705号線

台湾桃園国際空港と台湾高速鉄道(台灣高速鐵路/Taiwan High Speed Rail/THSR)の桃園駅を結ぶシャトルバス。ターミナル1から出発、ターミナル2、ノボテル台北桃園国際空港ホテルなどを経由する。台湾高速鉄道で桃園駅から台北駅までおよそ20分、普通車両で175元。

■所要時間
台湾高速鉄道桃園駅までおよそ25分。
7:00-21:45は5分-10分おき、6:15-7:00と21:45-22:45は10分-20分おきの運行。

■料金
大人片道30元。各ターミナル入国ロビーにある「統聯(Ubus)」サービスカウンターで購入。

■乗り場
「高鐵接駁車/Bus to High Speed Rail」のサインにしたがって、ターミナル1の地下1階、ターミナル2の1階入国ロビーを出たところの乗り場へ。

タクシー

Taiwan Taoyuan International Airport

台北のタクシーは車体が黄色で屋根の上に「TAXI」のサインがある。空港内で客引きをしている非公認のドライバーがいても、タクシー乗り場から公認のタクシーに乗るようにしよう。また、乗車したらメーターがきちんと動いるか確認することをお勧めする。また、ドライバーは中国語しか通じないことが多いので、その場合は行先(ホテル名など)と住所を中国語で書いたものを見せて伝えよう。

■所要時間
市内中心部まで渋滞がなければおよそ45分-60分。

■料金
市内中心部までおよそ1500元。料金はメーター制(台湾桃園国際空港から台北市内へ行く場合、メーター料金の50パーセントが加算される)。夜間(23:00-6:00)割増、トランクを使用する荷物は10元などの追加料金あり。高速通行料は別途加算。

■乗り場
「計程車/Taxi」のサインにしたがって、各ターミナル入国ロビーを出て左側にあるタクシー乗り場へ。

桃園国際空港MRT

現在台湾桃園国際空港と市内中心部の台北駅を結ぶ新交通システム「桃園国際空港MRT」が建設・試験運転中だが、度重なるトラブルのせいでいまだ開業には至っていない。2016年の開通をめざしており、開通すれば桃園国際空港-台北駅間が直通車(快速)だとおよそ35分でアクセス可能になる予定だ。

(Photo by 準建築人手札網站 Forgemind ArchiMedia 班森 Twang_Dunga Cheng-en Cheng)

日本-台北間のフライトで得られるマイル

  • マイレージ情報
    出発地 貯まるマイル数
    東京/成田 2660マイル
    東京/羽田 2660マイル
    大阪/関西 2334マイル
    名古屋/中部 2284マイル

    参考として、1万マイルで東京-大阪間の航空券に、2万マイルで東京-グアム間の航空券に換えることができる。

    ※マイル数は往復分を表記
    ※航空会社や利用する時期、割引によってマイル数は変動する

    >>マイルの貯め方・使い方の詳細はこちら<<

  • スポンサーリンク

    )

    あなたにおすすめ

    ページトップへ戻る