スポンサーリンク

台北のタクシーの料金、乗り方、予約方法、注意点

台北のタクシー

2016/08/04 更新

taipei taxi
  • データガイド

料金体系

台北のタクシーはメーター制である。
台北市政府交通局に示されているタクシー料金表は次のとおりである。(2015現在)

メーター料金

・初乗り料金(1.25キロメートルまで)は70元
・距離料金は250メートルごとに 5元
・待機料金は時速5キロメートル以下で100秒ごとに5元

※追加料金がかかる場合
・夜間23:00-6:00は20元
・呼び出したタクシーをキャンセルした場合は10元
・トランクに荷物を積む場合は10元

乗り方

流しのタクシーを拾う、タクシー乗り場から乗る、予約して来てもらうという方法がある。
車体は黄色でよく目立つのでわかりやすい。また、台北はタクシーの数が多いので、拾いやすい。
できるだけ車体がきれいで、運転手の身なりや態度がよいタクシーを選びたい。
運転手のほうから声をかけてくる場合は、乗車を避けること。白タクだったりメーター走行しなかったり、何かとトラブルのもとである。
空車の場合は、日本同様、「空車」のサインが出ているので、手をあげてとめることができる。
鉄道駅など指定の場所でしか乗車できない場合もあるので留意すること。
自動ドアではないので、ドアは自分で開け閉めする。

現地語が達者なとき以外は、行き先を書いた紙を運転手に見せるのが無難である。
タクシー運転手は英語ができないことがほとんどで、行き先を間違えられるといったトラブルを避けるためにも行き先を漢字で書いたものを見せるとよい。
メーターが倒されたか確認すること。
支払いは現金で行う。高額紙幣はあらかじめくずしておくこと。
台湾ではタクシーにチップは必要ない。
降車時は、右側のドアを開けること。台湾は右側通行なので、日本の習慣でつい左側に降りると危険である。

予約方法

トールフリーのタクシー配車専用電話の番号は次のとおりである(台湾国内からのみ)。
0800-055850
携帯からかける場合の番号は 55850(トールフリーではなく通話料がかかる)。

その他注意点

台湾ではタクシー利用時のトラブルが多く発生している。
外務省海外安全ホームページによると、「メーターの操作や,遠回り,短距離客の乗車拒否等を行うものがあり,更には乗客を脅して金品を奪ったり,女性を遠方に連れ去り暴行を加えたりするような悪質な運転手も存在」するとのこと。
女性一人で利用しないことや、男性でも深夜は利用しないよう呼びかけている。

また公益財団法人 交流協会の台湾在留邦人安全のしおりでは、タクシー利用時の留意事項として、きれいな車体のタクシーを選ぶことや後部の窓ガラス及び車体の横に車両ナンバー、車内前部の運転者登録証がないものには乗らない(乗ってしまったらすぐ下車する)、運転手がアルコール臭かったり、服装が乱れたりしているような場合には乗車を避ける、などを挙げている。

(Photo by li-penny)

スポンサーリンク

)

あなたにおすすめ