マニラ旅行6泊7日の予算とモデルプラン

http://www.howtravel.com/wp-content/uploads/2015/10/slick_Man-plan_100-534x355.jpg

2017/05/05 更新

マニラ旅行をする場合の、お手頃プランと平均予算プランのおすすめモデルコースを紹介する。マニラでのみどころは、まずフィリピン最大級の教会である「マニラ大聖堂」。装飾性豊かなステンドグラスと、アジア最大級クラスのパイプオルガンには圧倒されるだろう。世界遺産になっているフィリピン最古の石造教会である「サン・オウガスチン教会」。などマニラの歴史的背景を見て取れる。またアジア最大級のショッピングモール「SMモール・オブ・アジア」やブランドショップが軒をつらねる、グロリエッタなどショッピングも堪能できるだろう。

最低予算約75,000円のモデルプラン

  • Manila plan

    飛行機代40,000円

    マニラ行きの飛行機代は、乗継便の方が安い。乗継便は、ソウル・台北・上海などを経由する。マニラまでの所要時間は、直行便の2倍-2.5倍かかる。
    ※長期休暇シーズンには、飛行機代はオフシーズンの3倍程度になる。

    ホテル代15,000円

    最安値のホテルは、約2,000円程度で宿泊が可能だ。2,000円-3,000円で利用できるホテルが多数ある。3,000円代で3つ星ホテルに宿泊も可能だ。市内の中心部からは離れているが、移動手段にも不便はないだろう。エクスペディアからマニラのホテルを検索後、宿泊施設タイプの「ホテル」を選択し、料金順に並び替えると最安値が出てくる。
    ※長期休暇シーズンでもホテル代に大きな変動はない。
    エクスペディアのWebサイトはこちらをクリック

    飲食代20,000円

    マニラでは、本場のフィリピン料理をはじめ、サンドイッチやハンバーガーなどが安くで楽しめる。1食1,000円以内で食べれるだろう。中華やイタリアン・インド料理なども手軽に食べられるので人気である。

  • 平均的予算約110,000円のモデルプラン

  • Manila plan

    飛行機代50,000円

    マニラでゆっくり観光を楽しみたい。という人は、直行便が良いだろう。直行便であればマニラまでの所要時間は約5-5.5時間。夜中に日本を出発すれば、朝方にはマニラに到着でき、1日ゆっくりマニラを観光できるだろう。
    ※長期休暇シーズンには、飛行機代はオフシーズンの3倍程度になる。

    ホテル代25,000円

    マニラの平均的なホテル代は、3,000円-5,000円辺りである。エクスペディアでマニラのホテルを検索後、周辺情報の「マニラ」と宿泊施設タイプの「ホテル」を選択すると、マニラで宿泊できるホテルが表示されるだろう。ホテル代に関しては、通常期も繁忙期も料金は変わらない。
    ※長期休暇シーズンでもホテル代に大きな変動はない。
    エクスペディアのWebサイトはこちらをクリック

    飲食代30,000円

    本場のフィリピン料理をはじめ、ピザやパスタなどのイタリアンがビュッフェスタイルで楽しめる店が人気だ。また、パエリアが評判の店やフレンチ、日本料理が堪能できる店もおすすめである。1日5,000円程度を想定しておけば良い。

  • (Photo by Ree Dexter Thrifty Look
    The Point Residences
    )

    人気記事

    外貨両替窓口
    マニラのホテルの夜景
    海外旅行用クレジットカード
    マイルを貯めて飛行機に乗る
    海外旅行に必要なパスポートとお金
    wifiレンタル

    スポンサーリンク