マニラのタクシーの料金、乗り方、予約方法、注意点

マニラのタクシー

2017/05/05 更新

http://www.howtravel.com/wp-content/uploads/2015/10/slick_taxi_1009-1080x719.jpg
  • データガイド

料金体系

フィリピン・マニラのタクシーは、基本的にメーター制である。
陸運フランチャイズおよび規制委員会のサイトに示されているタクシー料金表は次のとおりである。

メーター料金

■一般タクシー
・初乗り料金 500メートルまで₱40.00
・距離料金 300メートルごとに₱3.50
・待機時間料金 2分ごとに₱3.50

空港タクシー(イエロータクシー)
・初乗り料金 500メートルまで₱70.00
・距離料金 300メートルごとに₱4.00

空港からはイエロータクシーのほかに通常のタクシーも利用でき安価ではあるが、安全性や信頼性はイエロータクシーが上である。
さらに行き先ごとに定額制の料金設定になっている「クーポンタクシー」も存在している。
料金はイエロータクシーより高いが、さらに安全であるとされている。空港ロビーのタクシー会社カウンターで申し込む。

高級ホテルなどでは、ホテルと契約しているタクシーがあり、料金は高めだが信頼は高め。
料金はメーター制ではなく、行き先ごとの定額制である。

2015年3月からメータータクシーの料金の値下げが行われている。
フィリピン政府によると、通常のタクシーの初乗りは₱40.00から₱30.00へ、空港からは₱70.00から₱60.00へと、それぞれ₱10.00ずつ引き下げられている。
この値下げは暫定的なもので、タクシーメーターには反映されず、タクシー運転手が一回一回タクシーメーターの料金から₱10.00を引いて請求することになっている。
この値下げがいつまで続くかは不明なので、最新情報を現地で確認すること。
またもし₱10.00を割引してくれないタクシーがあれば電話で通報することができる。

乗り方

ホテルや空港などの所定のタクシー乗り場から乗る、予約して来てもらう、という方法がある。流しを拾うことも可能ではあるが、トラブルが多いのでしできるようなら避けたい。またできるだけ一人では乗らないようにしたい。
運転手のほうから声をかけてくる場合は、乗車を避けること。
白タクだったり、メーターを倒さずに走行したりと、何かとトラブルのもとである。

自動ドアではないので、ドアは自分で開け閉めする。また、ドアはロックすること。信号待ちの間などに突然強盗が乗り込んでくることもある。
ドライバーは基本的に英語が話せるが、行き先を書いた紙を運転手に見せるのが無難である。行き先を間違えられるといったトラブルを避けるためにも行き先を書いたものを見せるとよい。
ドライバーが道を知っているとは限らないので、地図を用意する等、自分でも方角や距離などについて知識を持っておくこと。
メーターが倒されたか確認すること。倒されていなければ、倒すよう促すこと。
シートベルトの着用が義務付けられている。マニラ首都圏では、タクシー車内は喫煙禁止場所に含まれており、喫煙が処罰の対象となることがあるので注意する。

車両番号やナンバープレート、運転手の名前などを記録しておくと、トラブル防止とともにトラブルに巻き込まれたときにも役立つ。
現金で支払うときは、高額紙幣はあらかじめくずしておくこと。
フィリピンでは基本的にタクシーにチップは必要ないが、1割程度をわたすのが習慣となっている。
白タクやぼったくりなど悪質なタクシーには当然チップを払うべきではない。

予約方法

マニラには多くのタクシー会社があるが、比較的評価の高いタクシー会社の電話番号は以下の通り。
■MGE TAXI
+63(2)3636096

■ABC TAXI
+63(2)4548717

言葉に不安があり電話での予約が困難な場合は、滞在しているホテル等で予約してもらうとよい。
日本人経営のタクシー会社で評判がよく、日本語によるカスタマーサービスも受けられるリョウアキタクシー株式会社(RYOAKI TAXI INC.)がある。電話番号は次のとおりである。
■RYOAKI TAXI INC.
+62-2-463-2985 

その他注意点

フィリピン・マニラでのタクシーにまつわるトラブルについて知っておきたい。
外務省海外安全ホームページの安全対策基礎データによると、空港からタクシーに乗車した際、運転手、もしくは途中から乗車してくる運転手の仲間から恐喝されるといった「タクシー強盗」が多発している。
時間帯に関わらず、単独でのタクシー利用はできるだけひかえたい。

正規のタクシーや信頼のおけるホテルはイヤーを利用するとともに、白タクや流しのタクシーを避け、タクシー利用の際はタクシー会社名、車両ナンバー、連絡先電話番号を確認するよう呼びかけられている。
また、在フィリピン日本国大使館によるフィリピンにおける安全対策では、とにかく流しや白タク、客引きをしているタクシーには絶対乗らないように、繰り返し注意喚起が行われている。

空港からタクシーに乗る際には、イエロータクシーかクーポンタクシーの利用が推奨されている。
万一トラブルが発生しても、尊大な態度や乱暴な言動は慎み、冷静で穏便にふるまうことが肝要である。

マニラ旅行者の必読記事

(Photo by shankar s.)

人気記事

外貨両替窓口
マニラのホテルの夜景
海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
海外旅行に必要なパスポートとお金
wifiレンタル

スポンサーリンク