香港のソーホーの観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

ソーホー
SOHO

2017/05/05 更新

http://www.howtravel.com/wp-content/uploads/2015/09/slick_SOHO_100-1080x720.jpg

スポンサーリンク


スポンサーリンク


概要

個性あふれる街並みSOHO

SOHO

SOHOといえばニューヨークのSOHOを思い浮かべるが、香港にもSOHOと呼ばれるエリアがある。
South of Hollywoodの略と言われていて、その名の通り荷李活道(ハリウッドロード)の南側に位置する。

香港で人気のデザイナーやアーティストのアトリエがあり、スタイリッシュレストランやオープンカフェ、バーなどが軒を連ねている。
ウエスタン、シーフード、フレンチ、日本食にインド、アジアエスニック等多種多様で、入るお店に迷うほどだ。
欧米系のバーが多いので夜はローカル色は薄く、外国人が多く集まるエリアとなっている。

中環(セントラル)からはヒルサイドエスカレーターにてアクセスできる。
香港は急な坂道が多く、このSOHOはまさにその坂道にあるため、路上にエスカレーターが設けられているのだ。
全長800メートル、ゆっくりとビルの間を進むエスカレーターを上りながらの眺めは他にはないものとなっている。

見どころ

士丹頓街(スタントンストリート)

SOHO

ヒルサイドエスカレーターは途中で通りに降りることができるようになっている。
その中でも多国籍のレストランや雑貨店等が多く並ぶのが、士丹頓街(スタントンストリート)だ。
カラフルな英語の看板が多く見られ、まるで香港にいることを忘れてしまいそうになる。
お店自体は大きくはないが個性的なお店が多く、ちょっと変わったお土産を探すのにもぴったり。
ぜひ、いろんなお店を覗いてみよう。

香港旅行者の必読記事

(Photo by Stephen Kruso Kathrin Mezger Rechard Thomas)

人気記事

外貨両替窓口
香港のホテル
海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
海外旅行に必要なパスポートとお金
wifiレンタル

スポンサーリンク