スポンサーリンク

市内東部

特集

Beijing plan

北京旅行6泊7日の予算とモデルプラン

北京旅行をする場合の、お手頃プランと平均予算プランのおすすめモデルコースを紹介する。北京には世界遺産である歴史的建造物や遺跡がたくさん存在し、見どころは満載である。明清時代に建てられた、現存する最大級の祭祀建造物である天壇。かつては宮殿だった故宮博物院は、世界でも最大級クラスの木造建築物であり、現在は一部が博物館として公開されている。グルメにおいても、お手頃な料金で北京料理を楽しむことができるのも魅力のひとつだ。繁忙期に北京を訪れる場合、飛行機代は通常より割増しとなるが、ホテル代などは通常料金で利用が可能である。

The-Palace-Museum

北京のお勧め定番観光スポット10選

初めて北京に訪れるなら、まずはこの定番スポットをチェック♪ 絶対行くべき定番スポットを厳選しました。

beijing food

北京の名物料理10選!お勧めグルメ旅

中国の歴史は非常に長く、国土も広い。そんな中国の中でも、北部の料理の総称が北京料理だ。中国の首都でもあるこの街は、都が置かれて以来ずっと栄えてきた。宮廷があったことから貴族が食べてきた料理や、寒い中でも活発に生活する市民が食べてきた身も心もホッとするような温かい家庭料理が多くみられるのも特徴だ。宮廷料理は、非常に繊細で手の込んだものだ。そして、活気ある北京では多くの屋台も見られる。そんな街中で、美食探索も良い思い出になるだろう。

クレジットカードでマイルを貯めてタダで海外に!

頻繁に飛行機を利用しないからといってマイルを貯めてこなかった人は、大きな損をしているかもしれない。アメリカやヨーロッパへの往復フライトで得られるマイルだけで、東京大阪間の航空券や韓国や台湾といった近隣国の航空券に無料で交換することができる。また、公共料金の支払いをクレジットカード経由にしたり、日々発生する費用をクレジットカードで支払ったりすることでもマイルを獲得することができ、タダで世界中を旅行することも可能だ。この記事ではHowTravelのお勧めマイレージカード情報をご紹介する。

スーツケース売り場

海外旅行用スーツケースの選び方

海外旅行に行く際に持っていくスーツケースの正しい選び方を知っているだろうか? スーツケースは海外旅行と密接に結びつくもの。大切な荷物を入れて、一緒に旅を重ねるパートナーだ。一概にスーツケースと言っても色々な種類があって、利用するシーンによって適している素材やメーカー、大きさなどが異なる。正しい知識をつけて、自分にとって最適なスーツケースと出会って頂けたら嬉しい。

市内東部

9件

Sanlitun

1

三里屯

新しい北京を感じるエリア

三里屯(サンリトン)は、最先端のショップやレストランが軒を連ねる、トレンドの発信地として日々変化を遂げるエリアだ。欧米各国大使館が点在しているため外国人が多く、かつてはバーやパブなどが多いナイトスポットとして知られていたが、北京オリンピック開催以降は再開発が進み、高級ブランドショップやモダンでおしゃれなレストランが並ぶエリアへと変化を遂げた。通りを歩けば勢いのある新しい街並みを感じることができるだろう。流行に敏感な若者をはじめ、多くの外国人観光客などで賑わっている。

Guomao

2

国貿

北京の中枢エリア

国貿は、北京のビジネスエリアの中枢、通称CBD(セントラル・ビジネス・ディストリクト)だ。 北京を東西に走る建国門外大街と東三環路との交差点エリアを中心に広がる。 中国国際貿易センター(チャイナワールドトレードセンター)を中心に、中国国際展覧中心、北京テレビセンターなどをはじめ、金融や貿易などのビジネス機関が集まり、中国大飯店や国貿飯店などの高級ホテルが入る高層ビルが立ち並ぶ。

Pan Jia Yuan Antique Market

3

潘家園旧貨市場

中国全土からお店が集まる、巨大フリーマーケット

5万平方メートルの敷地に4千を超えるお店が並ぶフリーマーケット「潘家園骨董市場」は、中国のトップ10にランキングするアンティーク市場としても有名。 かつては、中国人の骨董マニアが集まる知る人ぞ知る場所であったのが、今では中国国内をはじめ世界中から観光客が集まる、中国の重要な観光スポットの一つになっている。 各国の著名人も多く訪れている。

スポンサーリンク

Ritan Park

日壇公園

市街のほど近いところにある、大都会の手近なオアシス

今や2,000万人以上の人口を抱え、東京、ソウルに次ぐアジアの重要都市として発展を続ける北京。そんな喧騒から少し離れ、ホッと一息つくことが出来るような場所が、この日壇公園である。 日壇は明代の1530年より少しずつ建設され、朝日壇という名前でも長らく親しまれてきた。

798 Art Zone

798芸術区

北京市屈指のアートエリア

798芸術区は、北京市内屈指のアートエリア。廃棄された工場からモダンアートの最先端をゆく芸術区へと変身した異色のエリアで、そのアンバランス感も魅力のひとつ。世界中から多くの人が訪れている人気観光スポットだ。 芸術区ではさまざまな芸術展が毎日のように開かれており、アートを学ぶ学生たちの発表の場としても用いられている。通りにはバラエティー豊かななオブジェが並び、歩いているだけでも面白い。迷路のような細い裏路地を歩けば、隠れたギャラリーを発見することも。レストランや、カフェ、アート作品を販売するショップ等も軒を連ねているので、ゆっくりと時間をかけて散策してみよう。

Taste

テイスト

BAR風のおしゃれな雲南料理レストラン

胡同のなかにあるこじんまりとした雲南料理レストラン。 周りには地元民向けのレストランが多い中、内装が綺麗で清潔感があり、観光客でも入りやすい雰囲気なのが魅力。 元々バーであった店舗を改装しており、10名も入ると満席になってしまうので週末は予約をしておくことをおすすめする。 雲南料理は四川料理の一種であり、辛いものが多い。

Great Leap Brewing

大跃啤酒

アメリカンスタイルのPUBでビールを

「Great Leap Brewing」は気軽にお酒を楽しめることで人気のビアパブだ。 常時10種類以上ものクラフトビールを揃え、瓶ビールやその他のお酒を含めると、種類は数えきれない。 食事の種類は多くないが、ピザが大人気。 北京で一番美味しいとの評判もあるほどだ。

スポンサーリンク

Punjabi

パンジャービー

本格インド&パキスタン料理を北京で

「パンジャービー」は本格的なインド&パキスタン料理が食べられる店として人気がある。 カレーやケバブなど、幅広いメニューが用意されており、どれにしようか迷ってしまうことだろう。 シェフはインドのハーブやスパイスに精通しており、それぞれのメニューに合わせて最適なブレンドで作られている。 そのため、パンジャービーのカレーはただ辛いだけではなく、独特の味や香りとなっている。

MOSTO

摸石头餐厅

ヘルシーなインターナショナル料理レストラン

「MOSTO」は、南米・地中海・西洋料理をミックスした創作料理レストランだ。 ヘルシーな食事が心を軽やかにするというコンセプトの元、こだわりの食事を提供している。 砂糖や塩をできるだけ控え、保存料や添加物を一切使用せず、揚げ物は作らない。

スポンサーリンク

スポンサーリンク