北京中華民族博物院の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

北京中華民族博物院 (ペキンチュウカミンゾクハクブツイン)
中华民族博物院 (ヂョンファミンズーブォウーユェン)

2017/05/05 更新

http://www.howtravel.com/wp-content/uploads/2015/10/slick_China-Nationalities-Museum_100-1080x1440.jpg

概要

中国最大の民族テーマパーク

China Nationalities Museum

1994年にオープンした、国家オリンピック公園地区にある、中国の56民族の文化や生活を紹介するテーマパーク。
北園と南園にわかれており、合わせて40万平方メートルと広大な面積を持つ。

北園はチベット族、ミャオ族、タイ族、台湾高山族など16の民族村、南園は中央に民族博物館の主展示ホール、雲南白族、ナシ族、新疆ウイグル族など24の民族村のほか、大理三塔、盤龍瀑布など八大景観が実物大で作られている。

各民族の建物や生活用具、衣裳、装身具や文物資料、写真などが展示されているほか、伝統舞踊や歌のショーや、民族工芸品の製作実演なども行われている。
また、季節によって、民族によるお祭りや伝統行事を体験することもできる。
自民族の伝統や文化の紹介のために、各民族が交代で来ている。

北京旅行者の必読記事

(Photo by Steve Langguth Steve Langguth)

人気記事

外貨両替窓口
北京のホテル
海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
海外旅行に必要なパスポートとお金
wifiレンタル

スポンサーリンク