北京のアクセス・交通情報

特集

マイルを貯めて飛行機に乗る

【貯めなきゃ損】マイルを貯めてタダで旅行に行く方法を徹底解説

アメリカやヨーロッパへの一度の往復フライトで得られるマイルだけで、東京大阪間の航空券や韓国や台湾といった近隣国の航空券に無料で交換することができる。また、公共料金の支払いをクレジットカード経由にしたり、日々発生する費用をクレジットカードで支払ったりすることでもマイルを獲得することができ、タダで世界中を旅行することも可能だ。この記事では、マイルのお得な貯め方と使い方を徹底解説する。

飛行機で安眠できる最強睡眠グッズを旅のプロが厳選

「到着した日は疲れて眠たいのは当たり前」、「飛行機の中では2-3時間寝られれば良い方」というような、機内で安眠できない旅行者のために、一年の内かなりの日数を飛行機内で過ごすHowTravel編集部が、最強睡眠グッズをご紹介する。せっかくお金を出して、限られた休暇の中で旅行に行くのだから初日から最終日まで目一杯旅行を満喫しよう。

HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スーツケース お勧め人気ブランドランキング

スーツケースの人気ブランドのランキング!数あるスーツケースのブランドから、特にオススメ出来るブランドを厳選してランキング形式で紹介する。

アクセス・交通

5件

Beijing Capital International Airport

1

北京首都国際空港と市内へのアクセス

北京首都国際空港は、北京の中心から北東におよそ32キロメートルのところに位置する空港。世界各国およそ120の目的地と北京をつなぐ世界有数のハブ空港で、東京、大阪、名古屋を始め日本各地との直行便も多数就航している。2014年の総旅客数は8613万人を超え、アメリカ合衆国のアトランタ空港に次いで世界で2番目に忙しい空港であった。 3つのターミナルがあり、各ターミナル間は無料のシャトルバスで移動する事ができる。特に2008年の北京オリンピックに合わせて建てられたターミナル3は、ドバイ国際空港のターミナル3に次いで2番目に大きい空港ターミナルで、世界で6番目に大きい建築物にあたる。また、ターミナル3は「3-C」、「3-D」」、「3-E」の3つのセクションに分かれており、それぞれが新交通システム「APM Train」で結ばれている。

Beijing taxi

2

北京のタクシー

北京でタクシーは「出租汽车」という、車体の色や車種は会社によってまちまち。 屋根にタクシーサインがあるかどうかでタクシーかどうかを見極める。 雨の日など、タクシーがかなりつかまりにくくなる。 中国・北京のタクシーはメーター制である。 北京市発展改革委員会のサイトに示されているタクシー料金表は次のとおりである。

beijing-metro

3

北京のメトロ(地下鉄)

北京のメトロは、北京市街地とその近郊を走行している。中国で初めて開通したメトロであり、1977年からは一般の人も利用が可能となった。2017年2月現在、19路線が開通しており、2020年には30路線が開通する予定である。 メトロの乗車券は、通常の1回券の他に北京市政交通カードであるスマートカードがあり、日本のSuicaやICOCAなどと同じICカードである。スマートカードはメトロ全線およびバス・タクシーの交通機関とや高速道路の料金所や市内のショッピング、公衆電話、映画館等、あらゆるスポットで使用可能である。また、バスは通常の5割引になる等大変お得なカードである。乗車券の購入は、ほとんどの駅で自動発券機が導入されている。

スポンサーリンク

beijing bus

4

北京のバス

北京のバスは、北京市街地のほとんどをバス路線で網羅しており、料金も安く大変便利な交通機関として、地元の人々に利用されている。 約1000の路線が北京市内を走っており、路線数は充実しているが、タクシーに比べると時間がかかる。 バスの乗車券には、1回券と日本のSuicaやICICAと同じ「一卡通」と呼ばれるICカードがある。 1回券は距離によって料金は異なるため、その都度確認しなければならない。 「一卡通」は、メトロと共通のカードでバスは5割引になるため、大変お得である。

china-railway

中国の鉄道

中国において鉄道は、人々の移動手段として、また物資の輸送において最もよく利用されている交通機関である。中国全土を網羅する鉄道は、中国鉄路総公司によって運営されている。鉄道路線は、国内中を縦横に張り巡らせて、すべての省や特別行政区にまで広がる。これらの鉄道網は2010年に高速鉄道開通ラッシュを迎え、現在も発展を遂げつつ新たに建設されており、距離だけを見れば世界第1位となっている。 中国の鉄道はすべ1-9999の番号で表され、快速以上の速さの列車は、英文字から始まる。座席には自由席はなく、全席指定席となる。指定席は購入順に決められるため、場所の指定は一切できないので要注意だ。 なお、中国の鉄道の乗車券は現在購入が困難となっており、途中までの乗車券が手に入っても乗換え先の乗車券が手に入らないというのはよくある事。乗車券の多くが駅窓口での購入となり、自動券売機はほとんどない。最近ではオンラインによる購入も進んでいるが、一番確実なのが対面販売での窓口である。

スポンサーリンク

スポンサーリンク