エンパイア・ステート・ビルディングの観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

エンパイア・ステート・ビルディング
The Empire State Building

2017/11/19 更新

基本情報

住所

350 5th Ave, New York, NY 10118

地下鉄B、D、F、N、O、R系統34th Street駅すぐ
バスM4、M5、M10、Q32番34th Street停留所すぐ

料金

■メイン展望台(86階)
・スタンダード・パス
$32
6歳-12歳は$26
62歳以上は$29
6歳未満は無料

・VIPエクスプレス・パス
一律$60

■メイン展望台とトップ展望台(106階)
・スタンダード・パス
$52
6歳-12歳は$46
62歳以上は$49
6歳未満は無料

・VIPエクスプレス・パス
一律$80

・ニューヨークシティパス利用可

営業時間

8:00-翌2:00(上りエレベーターは1:15最終)

休業日

-

HP

http://www.esbnyc.com/ja
日本語、英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語、イタリア語、中国語、韓国語、ポルトガル語

エンパイアステートビルの外観
データガイド
アクセス・入場
プラン相談

データガイド

概要

特徴

日中のエンパイアステートビル

エンパイア・ステート・ビルディングは、マンハッタンの摩天楼にひと際高くそびえ立つ超高層ビル。102階建てで高さ381メートル(電波等も含めると443.2メートル)にも及び、1931年から1972年にかけて40年以上世界一の高さを誇った。86階と102階にそれぞれ展望台があり、圧倒的な高さから眺めるマンハッタンの眺望は圧巻のひと言。ニューヨーカーも多く訪れる不動の人気スポットである。

ニューヨークのシンボル的存在としても名高く、その為数多くの映画や小説の舞台としても登場する。特に映画「キングコング」内で、怒り狂ったゴリラが美女を片手にビルによじ登るシーンは印象的だ。その他「スパイダー・マン」や「めぐり遭えたら」等の名作にも登場している。

毎日大勢の観光客で賑わうので、展望台へ行くまでに時間がかかる事も。所要時間は現地や公式サイトでこまめに更新されるので事前にチェックしておこう。また、やや割高になるが行列を回避できるVIPエクスプレス・パスも存在する。

歴史

エンパイアステートビル建設時の様子

マンハッタンの高級ホテル、「ウォルドルフ=アストリア」の跡地に建設。「世界一高いビル」の称号を獲得する為に異例の早さで作業が進み、1930年の施工開始からなんと11ヶ月後には完成した。当初は85階建ての計画だったが、同じくマンハッタンのクライスラービルやウォールビルに対抗して展望台を増設したり、尖塔を付け加える事で高さを延ばす。以後、1972年にワールドトレードセンターのノースタワーが完成するまで世界一の高さを誇った。

2001年のアメリカ同時多発テロ事件によるノースタワーの崩壊で図らずも再び世界一の座を取り戻したが、2014年には跡地に建てられたワールドトレードセンターに追い抜かれている。現在はアメリカで3番目に高い建築物である。

チェック

①展望台

エンパイアステートビルの展望台

地上300メートルから大都会ニューヨークを一望!

86階の「メイン展望台」と102階の「トップ展望台」がある。

メイン展望台では320メートルの高さからニューヨークの街並みを360度のパノラマで一望できる。屋外なので、風を感じられるのも気持ち良い。自由の女神やタイムズスクエア、ブルックリン橋といったニューヨークの観光名所も漏れなく視界に入れる事ができる。高性能の双眼鏡も設置されているので、興味のある所をズームして眺めてみよう。

トップ展望台の高さは373メートルで、メイン展望台よりはるか遠くまで見渡す事ができるのが魅力だ。窓はやや小さめだが、碁盤の目のような街並みは壮観。展望台へ向かうまでのエレベーターの係員とのやり取りも楽しい。入場制限が行われている事がある為、2階かメイン展望台で確認しておこう。また、天気が悪いと雲しか見えないという事も。トップ展望台へのチケットはメイン展望台でも購入できるので、直前に判断するのも手だ。

②夜景

エンパイア・ステート・ビルディングから眺める夜景

光り輝くビル群は圧巻

いつ訪れても息をのむ景色を見せてくれる展望台だが、特に夜景は息をのむ美しさだ。ニューヨークの高層ビル群が宝石のように輝きだし、ロマンチックな空間を演出してくれる。日没から夜にかけての空の色の移り変わりも素晴らしいので、日没の時間帯に合わせて向かうのもお勧めだ。また、エンパイアビル自身も先端がライトアップされているので、欠かさずチェックしよう。

③お土産

エンパイア・ステート・ビルディング80階のギフトショップ

キングコングのグッズも人気

エンパイア・ステート・ビルディングのお土産屋「エンパイア・ストア」は80階に位置し、展望台の帰りに寄る事ができる。他のショップでは手に入らないオリジナルグッズも揃っているので、ぜひ足を運んでみよう。洋服やクリスタルガラス製品、おもちゃの他、エンパイアビルの歴史が分かる書籍なども販売中。キングコングのグッズも人気が高い。

④ショップ、レストラン

エンパイアステートビル近辺での食事

ショッピングも楽しみのひとつ

エンパイアビルのメインフロアでは複数のショップやレストランが営業中。「スターバックス」等のカフェチェーンやレストラン「ヨーロッパ・カフェ」等、休憩するにはぴったりだ。また、エンパイアビル自体がマンハッタンのど真ん中にあるので、周辺にも飲食店やショップが数えきれない程ある。合わせて観光しない手はない。

旅のプロ直伝 エンパイア・ステート・ビルディング観光のポイント

執筆者の旅工房コンシェルジュ、倉田美奈さん
旅工房トラベル・コンシェルジュ
アメリカ担当
倉田 美奈
提携パートナー
エンパイア・ステート・ビルディングはニューヨークのランドマークです。現在、ワン・ワールド・トレードセンターに次いでニューヨークで2番目に高いビルで、観光客だけでなく、多くのニューヨーカーからも愛されています。

見どころはたくさんありますが、なんといってもエンパイアステートビルの展望台からの夜景は必見!朝8時から夜中2時まで営業しているので、ディナー後に訪れるのもおすすめです。展望台はかなり風が強いので、身に付けているものが飛ばされないように注意してください。

編集部一押しの観光プラン

効率的!ナイアガラの滝をニューヨーク発で日帰り観光

  • ニューヨークのお勧めツアー

    ニューヨーク発 ナイアガラの滝日帰り観光ツアー 滝の見えるレストランでのビュッフェ昼食付き

    ニューヨークから日帰りでナイアガラの滝を観光できる非常に便利なプラン。夏は遊覧船に乗って滝壺を観光、冬は滝の裏側のトンネルを散策とそれぞれの見どころがある。滝が見える展望レストランも評判が高く、日本語ガイドも心強い。

    ➡ 詳細はこちら

  • ニューヨーク旅行者の必読記事

    (Photo by m01229 Rusty Clark - On the Air M-F 8am-noon)

    アクセス・入場

    エンパイア・ステート・ビルディングへのアクセス


    地下鉄

    地下鉄B、D、F、N、O、R系統34th Street駅より徒歩1分。

    バス

    バスM4、M5、M10、Q32番34th Street停留所下車すぐ。

    エンパイア・ステート・ビルディングへの入場方法

    チケット購入

    エンパイア・ステート・ビルディングのチケットは、現地の窓口やオンラインで購入できる。ただし、窓口は非常に混雑しているのであらかじめチケットを抑えておいた方が無難だ。行列を避けたい人はVIPエクスプレス・パスを利用すれば、展望台まで10分で向かう事ができる。チケットは割高なので、混雑状況をスケジュールをふまえて判断しよう。

    また、ニューヨークの主要観光スポットへ入場できるパス「ニューヨークシティパス」も適用される。旅費を節約したい人にはお勧めだ。

    展望台への入場

    5番街の34丁目と33丁目の間にある専用入り口からエスカレーターで2階へ。荷物チェックを受けてチケットを購入したら、展望台の向かうエレベーターの列へ並ぼう。70基以上あるエレベーターに乗ってまずは80階まで一気に上り、その後乗り換えて86階のメイン展望台へ。102階のトップ展望台へ向かう場合にはそこから更に乗り換えよう。

    プラン相談

    どんなニューヨーク旅行がしたいのか相談してみよう

    「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
    「最高のサプライズがしたい」
    「12万円以内でアメリカ旅行をしたい」
    123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
    エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
    ※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
    ➡詳しくはこちら

    人気記事

    ニューヨークのホテル
    海外での防犯対策グッズ