ラサロ・ガルディアーノ美術館の観光情報(作品・料金・行き方・営業時間)

ラサロ・ガルディアーノ美術館
Ricardo Ricote Rodríguez

2017/05/05 更新

基本情報

住所

Calle de Serrano, 122, 28006 Madrid

地下鉄7号、10号線 グレゴリオ・マラニョン駅(Gregorio Marañón)下車、徒歩約7分

料金

€6
学生、65歳以上は€3
15:30-16:30、日曜の14:00-15:00は無料

営業時間

10:00-16:30
日曜は10:00-15:00

休業日

火曜、一部祝日

HP

http://www.flg.es/
日本語、スペイン語、英語、フランス語、ポルトガル語、イタリア語、ドイツ語、ロシア語、中国語

Museo de la Fundacion Lazaro Galdiano
データガイド
アクセス・入場
プラン相談

データガイド

概要

資産家の邸宅とコレクション

Museo de la Fundacion Lazaro Galdiano

ラサロ・ガルディアーノ美術館の展示品は、国に寄贈されたホセ・ラサロの個人コレクションである。
ラサロは「ラ・エスパーニャ・モデルナ」という出版社の経営者で、美術品のコレクターとしても有名であった。
彼が亡くなった時に残されたのが、現在美術館で見られるコレクションと、それを集めていた邸宅である。
彼が暮らした屋敷に足を踏み入れると、美術に心奪われた資産家の世界観を感じられるだろう。

建物は20世紀初頭に建てられ、当時流行していたネオルネッサンス様式。
ラサロは建築家に自ら細かい指示を与えていたと言われる。
美術館としては1951年から一般公開が始まっていたが、2001年に改修工事とコレクションの整理のために一度閉館している。再オープンは2004年のことだった。

コレクションは絵画だけではなく、彫刻や磁器、宝飾品、時計、家具から武器まで多岐にわたる。

編集部一押しの観光プラン

レアル・マドリードのホーム試合を確実に観戦するなら

マドリード旅行者の必読記事

(Photo by Ricardo Ricote Rodríguez Ricardo Ricote Rodríguez)

アクセス・入場

ラサロ・ガルディアーノ美術館へのアクセス

Calle de Serrano, 122, 28006 Madrid

地下鉄7号、10号線 グレゴリオ・マラニョン駅(Gregorio Marañón)下車、徒歩約7分

プラン相談

どんなマドリード旅行がしたいのか相談してみよう

「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
「最高のサプライズがしたい」
「10万円以内でマドリード旅行をしたい」
123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
➡詳しくはこちら

人気記事

マドリードのホテル
海外での防犯対策グッズ