マドリードの名物料理10選!お勧めグルメ旅

madrid food

2017/10/10 更新

マドリードは、スペインの首都で経済、産業の中心。お城のような重厚な建物が多く、絵本の世界に入り込んだような感覚になる。マドリードがあるカスティーリャ地方の郷土料理は、素材の味を生かしたものが多く、素朴な味付けになっている。レストランやカフェは、ミシュラン星付きの名店から歴史を感じさせるレトロなものまで様々。日本でも人気のローカル気分を満喫できるバルで、気の知れた友人と、タパスをつまみにお酒も楽しむのも魅力的。

コシード(Cocido)

  • madrid food
    マドリードのあるカスティーリャ地方郷土料理。ヒヨコ豆と肉、たっぷりの野菜が入ったポトフのようなもの。肉や野菜の旨みが出た優しい味わいが特徴。家庭料理として一般的で、①具材を取り出したスープに、茹でたショートパスタを入れて食べ、②その後メインディッシュとして肉や野菜を食べる、一つで二度おいしいおふくろの味。

  • カジョス(Callos)

  • madrid food
    カジョスはマドリードの家庭料理で、牛の胃袋をトマトで煮込んだもの。牛の胃袋はハチノスと呼ばれ、日本では焼き肉店などで食べられている。臭みもほとんどなく元々もつを食べる文化でもあるので、日本人の口には合いやすい。野菜やハーブの濃厚なスープはパンにつけて食べてもおいしい。レストランでは独自の味を持ち、有名店もあるのでリサーチしてから行くのがおすすめ。

  • ソパ・デ・アホ(Sopa de ajo)

  • madrid food
    名前のの通り、アホ(にんにく)のソパ(スープ)。マドリードを含むマスティーリャ地方の伝統的なスープで、固くなったパンのリメイク料理。家庭料理のため、各家庭によってレシピが異なり、基本的にはパンと卵だけを入れたにんにくスープだが、トマトやベーコンを入れる場合もある。レストランによっても違いがあるが、まずは伝統的なスタイルを楽しんでほしい。

  • トルティージャ(Tortilla)

  • madrid food
    日本でもお馴染みのスペイン風のオムレツ。いろいろな野菜が入りボリューム満点の卵料理。マドリードでトルティージャを食べるならぜひバルへ行ってほしい。スペインのバルにはお店ごとに名物があり、一軒に長居するよりはしごをしていろいろなお店に行くのが楽しい。ちなみにトルティージャの有名なバルは、「メソン・デ・ラ・トルティージャ」。じゃがいも入りのトルティージャをぜひ試してほしい。

  • ポルボ・ア・フェイラ(Polbo á feira)

  • madrid food
    茹でたタコとじゃがいもを使ったガリシア州の郷土料理で、スペイン全土で食べられている。マドリードでもタベルナやバルの定番タパスとして一般的。木の皿に茹でてぶつ切りにしたタコと薄くスライスしたじゃがいもをのせ、パプリカパウダーをかけ、パンと共に提供されるのが伝統的なスタイルだが、現在ではその限りではない。赤ワインとの相性は抜群。

  • アヒージョ(Ajillo)

  • madrid food
    アヒージョ(Ajillo)は、にんにくの意味で、ニンニク味のオイル煮込みのこと。マドリードを中心に広く提供されており、バルのタパスとしては定番。日本でもバルが進出したことで広く知られている。具材は肉類や魚介類、野菜など基本的に自由で、素材名+アル アヒージョとしてメニューに載っている。素材の味が染み出たオリーブオイルは、パンなどに浸して食べる。

  • パエリア(Paella)

  • madrid food
    稲作で有名なバレンシア地方発祥の郷土料理で、広くスペイン国内で食べられている。サフランライスと具材(肉、魚介類、野菜)を炊き込んだ、同じ米文化の日本人にも馴染みやすい一品。スペインでも地域によって調理方法が異なり、マドリードのあるカタルーニャ地方では水分を飛ばしすぎず、鍋の底におこげ(ソカラ、socarrat)ができるように仕上げるのが一般的。

  • アロスカルドソ(Arroz caldozo)

  • madrid food
    パエリアと並びスペインの米料理として一般的なのが、アロスカルドソ。アロスはお米、カルドはスープの意味で、野菜や肉、魚介がたっぷり入っている雑炊のようなもの。具材や味付けはパエリアと変わらず、水分の量が異なる。パエリアとカルドソの間は、メロッソと言われ、少し水分量が少ない。レストランのメニューでは、アヒージョ同様、中に入れる具材が名前に付いている。

  • アロスコンレチェ(Arroz con leche)

  • madrid food
    スペインや南米などのスペイン語圏では、童謡になるほどポピュラーな子供のおやつで、冷やして食べるおふくろの味。。お米を牛乳、砂糖を入れて煮込み、香りづけにシナモンやレモンピューレをのせる。大人向けにはブランデーをかけることもある。もちろんマドリードでも愛されるデザートの一つ。素朴な味わいで、カフェでのティータイムのお供に食べてみてはいかがだろうか。

  • チュロス(Churro)

  • madrid food
    チュロス(Churro)は日本でもおやつとして食べられているお菓子。スペインやラテンアメリカでよく食べられている。マドリードのチュロスは星型で絞り出した、細長い一般的なもので、マーケットの屋台やバルで食べられる。チュロス専門店もある人気のスナック。マドリードの定番は、チュロスとホットチョコレートの組み合わせ。老舗有名店はローカルや観光客でいっぱいなので要チェック。


  • 【必見】マドリードのレストランを予約しよう

    せっかくのマドリード旅行、適当な店で食事をするのはあまりにもったいない。評価の高いお店をしっかりと下調べをしておこう。人気店は予約をしておかないと入れないこともあるので、事前に電話やメールで問い合わせしておくことをお勧めする。

    HowTravel編集部がお勧めしたいのは日本語でマドリードのレストランを予約することができる、グルヤクだ。24時間インターネットから人気店を予約することができ、座席リクエストやサプライズのお願いも可能だ。口コミも掲載されているので、本当に美味しいマドリード料理を堪能するにはもってこいだ。

    予約はレストラン利用の24時間前まで可能なので、現地で旅行中に明日のディナーを予約するということもできる。ただし、人気のレストランは1カ月前には埋まってしまっているなんてこともあるので、できるだけ早く予約したい。

    ➡ グルヤクのマドリードページはこちら

    諸条件の確認はこちら

    どんなマドリード旅行がしたいのか相談してみよう

    「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
    「最高のサプライズがしたい」
    「10万円以内でマドリード旅行をしたい」
    123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
    エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
    ※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました。➡詳しくはこちら

    (Photo by Javier Lastras Javier Lastras G M Yvonne Esperanza José Antonio Gil Martínez PROjuantiagues Barcex Tamorlan Dario Alvarez Tim Lucas)

    人気記事

    マドリードのホテル
    海外旅行用クレジットカード
    マイルを貯めて飛行機に乗る
    海外旅行に必要なパスポートとお金
    wifiレンタル

    スポンサーリンク