バルセロナの観光スポット人気ランキング

観光

56件

Dali Real Círculo Artistico Barcelona

バルセロナ・ダリ美術館

バルセロナにもある穴場的ダリ美術館

サルバドール・ダリといえば、「天才」の名を欲しいままにした20世紀を代表するアーティストの一人だ。 そんなダリもカタルーニャ出身であり、故郷のフィゲーラスという街には「ダリ美術館」が設立されている。 ただし、フィゲーラスは同じカタルーニャ地方といってもバルセロナから片道2時間もかかるので、バルセロナ観光のついでに訪れるのは難しいだろう。

Mirador de Colom

コロンブスの塔

大探検家コロンブスのモニュメント

コロンブスの塔は、ランブラス通りの南端、ポルタル・デ・ラ・パウ広場に建っている塔だ。 細長い塔の最上部にはコロンブスの銅像があしらわれている。 このコロンブスというのは、言わずと知れた大航海時代の探検家、クリストファー・コロンブスのことである。

Plaça Reial

レイアール広場

観光地化された賑やかな広場

バルセロナ旧市街のメインストリートであるランブラス通りを歩いていると、東側にひときわ開けた広場が見える。 そこが、レストランやオープンカフェやバルなどで賑わう観光名所・レイアール広場だ。

Monestir de Pedralbes

ペドラルベス修道院

閑静な住宅街の格式ある修道院

ペドラルベス修道院は、バルセロナ市の北東側、ティビダボ山の麓に位置している修道院だ。 周辺のペドラルベス地区は市内でも屈指の高級住宅地とあって閑静なエリアになっているが、そんな中でもひときわ森厳な雰囲気を纏っているのが、このペドラルベス修道院である。

Casa Calvet

カサ・カルベ

シックなガウディ建築のレストラン

カサ・カルベは、ガウディによって実業家のペレ・カルベ氏のために設計された豪華邸宅だ。 ガウディ建築というと「カラフルでポップで曲線を多用した建物」というイメージを持っている人も多いだろうが、こちらはそうした一般的な印象からはかけ離れた、落ち着いた雰囲気のモデルニスモ建築となっている。 それでもバルセロナ建築年間賞を受賞した作品であり、細部へのこだわりが堪能で…

Casa Marti

クアトラ ガッツ

巨匠たちの通ったカフェ・レストラン

カサ・マルティは、プッチ・イ・カダファルクが手がけたゴシック地区の建物だ。 モデルニスモの代表的作家の作品だけあって、その外観はまるで中世の城のようである。 また、壁にあしらわれた彫刻はエウセビ・アルナウによるものだ。

Fundacion Mies Van der Rohe

ミース・ファン・デル・ローエ記念館

モダニズム建築の最重要スポット

ミース・ファン・デル・ローエといえば20世紀モダニズム建築の第一人者であり、近代建築の三大巨匠として知られるドイツの建築家だ。 そんなファン・デル・ローエの記念館が、モンジュイックの丘の麓にある。

Fundacio, Antoni Tapies

アントニ・タピエス美術館

バルセロナを代表する現代アートの巨匠

バルセロナ生まれの現代アートの巨匠、アントニ・タピエス。 お洒落なショップが多く建ち並ぶアシャンプラ地区の中心部にあるここは、そんなタピエスの作品を多く収めた美術館だ。

Museu dhistoria de Catalunya

カタルーニャ歴史博物館

カタルーニャ人の歴史と誇りを一望

バルセロナの人々にとって、「祖国」とはスペインのことではなく、カタルーニャのことだ。 バルセロナ港に面したこのカタルーニャ歴史博物館は、カタルーニャの歴史と文化を横断的に網羅した博物館となっている。 バルセロナのルーツと誇りを学べるスポットだ。

CosmoCaixa Barcelona

コスモ・カイシャ

大人から子供まで楽しめる科学博物館

コスモ・カイシャは、スペイン国内のみならず、ヨーロッパ全土でも有数の人気を誇る科学博物館だ。 もともと自然科学博物館のあった場所を、2004年にリニューアルオープンしたのが現在のコスモ・カイシャとなる。 休日になればヨーロッパ中から観光客が集まるほどの人気スポットとなっている。

1 2 3 4 5 6