牢獄の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

牢獄
Palazzo delle Prigioni

2017/05/05 更新

基本情報

住所

Castello 4209, Calle degli Albanesi, 30122 Venezia

水上バス(Vaporetto)1号、2号、5.1号、14号、20号線 S. Zaccaria (Danieli) "F"駅

料金

€18
6歳-14歳までの子供、15歳-25歳までの学生は€11

営業時間

4月-10月は8:30-1900
11月-3月は8:30-17:30
(入場は閉館1時間前まで)

休業日

1/1、12/25

HP

http://palazzoducale.visitmuve.it/
イタリア語、英語

データガイド
アクセス・入場

データガイド

概要

ベネチアの地獄の牢獄


ベネチアのドゥカーレ宮殿には、牢獄が併設されていた。
ドゥカーレ宮殿の尋問室から溜息の橋を渡って、囚人が牢獄に入っていたのである。
この橋は、投獄される囚人が橋を渡っているときに、その窓から最後に見ることになるベネチアの景色を目に焼き付けて、溜息を吐いたことから「溜息の橋」名付けられた。
それほど牢獄は厳しいものであったのだろうと考えられるが、この溜息の橋が建設された頃には、軽犯罪者しか投獄されていなかったという。

また、この牢獄は1600年代から1920年代まで実際に使われていた。
その歴史の中で、作家のジャコモ・カサノヴァがなんと脱獄に成功している。
現在は、ドゥカーレ宮殿を見学する際に、この牢獄も見学することができる。

見どころ

牢獄の見学


この牢獄は実際に見学することができるので、ドゥカーレ宮殿を見学した後は、ぜひ訪れてみて欲しい。
ドゥカーレ宮殿と牢獄はとても対照的である。
この二つは溜息の橋を境にして明と暗で分かれており、当時の囚人が独房に向かうときにどのような気持ちであったのか、少しは理解できるかもしれない。
また、独房で使用されていたベッドなどが残っているので、どれほど過酷な生活を強制されていたのか、独房の雰囲気など当時の様子を感じることができる。

編集部一押しの観光プラン

【H.I.S.】 イタリア主要都市を巡るお得な周遊7日間ツアー

  • カタール航空で行く!列車で巡るイタリア3都市周遊 ベネチア&フィレンツェ&ローマ7日間
    スタンダードクラスホテルに滞在

    航空券とホテル、特急列車のチケットがセットになった、イタリア国内の主要な都市を巡るプラン。往路の飛行機がベネチア行きとなっているので到着したその日からベネチアの雰囲気を楽しめる。現地では自由行動なので、好きなスポットを巡れるのが嬉しいポイント。

    ➡ 詳細はこちら

  • ➡ その他のベネチアツアーはこちら

    ベネチア旅行者の必読記事

    アクセス・入場

    牢獄へのアクセス

    Castello 4209, Calle degli Albanesi, 30122 Venezia

    水上バス(Vaporetto)1号、2号、5.1号、14号、20号線 S. Zaccaria (Danieli) "F"駅

    人気記事

    ベネチアのホテル
    【ベネチアのホテル】避けるべき危険地区の解説・お勧めホテル紹介
    飛行機で安眠できる最強睡眠グッズを旅のプロが厳選
    海外での防犯対策グッズ
    海外旅行中のあらゆる盗難を防止する究極の防犯グッズ特集