サンタ・サビーナ聖堂の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

サンタ・サビーナ聖堂
Santa Sabina all'Aventino

2017/05/05 更新

基本情報

住所

Piazza Pietro d'Iliria Rome, Italy

メトロB線Circo Massimo駅からアクセス可能
バスの路線の番号は 122, 81, 87, 160, 160F, 175, 628, 715, C3

料金

無料

営業時間

8:15-12:30、15:30-18:00

休業日

年中無休

HP

-

Chiesa di Santa Bibiana in Rome
データガイド
アクセス・入場
プラン相談

データガイド

概要

ローマ建築の現存する最古の聖堂 

サンタ・サビーナ聖堂は、420年に建てられた、キリスト教のカトリックの聖堂である。
教会のなかでもバシリカ(聖堂)と呼ばれ普通の教会より上位に位置する。
アヴェンティーノの丘の上に立っており、聖堂からはローマの景色がよく見える。

この聖堂はイリュイヤ人の司祭であるペトルスによって、サビーナという女性の家を拡張したものである。
聖堂の名前は彼女に由来する。この聖堂は現存するローマ建築様式の中では最も古いものである。
また、5世紀に掘られた、木製の扉の彫刻で有名である。

この教会は過去に何度も修復や改修を受けている。
824年には当時の法王によって装飾が施された。
1222年には、ドミニカ修道会の本部として設定され今日まで、その修道会の管理下におかれる。そして、ルネッサンス時代の1585年にも当時の法王が改修を行っているが、 1914年に1222年の状態に戻されている。

見どころ

内部の広い身廊と壁面の装飾

Chiesa di Santa Bibiana in Rome

内部の教徒の席がある広い場所は、白い大理石で装飾されていて非常にきれいだ。
コリンシアン石柱がたっておりそれによって支えられている構造だ。こ
れは ジュノ寺院から持ってきたものである。中は非常に明るく 大きい窓から光が差し込んでいる。

中におかれている家具は、大理石でできておりこれもまた綺麗である。
また当分に ドームの部分に描かれている絵も見どころである。
建設当初の壁に刻まれた多くの碑文は無くなっているが、唯一残された作者がペトルスであり、422年に建てられたという碑文は残っている。

編集部一押しの観光プラン

長蛇の列をカット!優先入場で効率重視のローマ探訪

  • ローマのお勧めツアー

    並ばず入場!ヴァチカン美術館&システィーナ礼拝堂&コロッセオ☆日本語ガイド同行のバスツアー

    コロッセオやカンピドーリオ広場などのローマ必見スポットを日本語ガイドと巡る。驚くべきは効率性で、バチカン美術館にはなんと開館の30分前から優先入場。その他も団体入場や的確な誘導で行列を極力カットして観光できると人気だ。

    ➡ 詳細はこちら

  • ローマ旅行者の必読記事

    アクセス・入場

    サンタ・サビーナ聖堂へのアクセス

    Piazza Pietro d'Iliria Rome, Italy

    メトロB線Circo Massimo駅からアクセス可能
    バスの路線の番号は 122, 81, 87, 160, 160F, 175, 628, 715, C3

    プラン相談

    どんなローマ旅行がしたいのか相談してみよう

    「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
    「最高のサプライズがしたい」
    「10万円以内でローマ旅行をしたい」
    123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
    エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
    ※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
    ➡詳しくはこちら

    人気記事

    ホテル スプレンディッド ロイヤルからの景色
    海外での防犯対策グッズ