ベネチア宮殿の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

ベネチア宮殿
Palazzo Venezia

2017/12/12 更新

基本情報

住所

Piazza S. Marco, 49, 00186 Roma RM
メトロB線Colosseo駅(コロッセオ駅)から徒歩10分

料金

€5
毎月第一日曜は無料

営業時間

8:30-19:30

休業日

月曜

HP

Palazzo Venezia in Rome
データガイド
アクセス・入場
プラン相談

データガイド

概要

ローマの力を象徴する宮殿

ローマ旧市街の中心に位置し、各方面へ延びる道路が集中する地点でもあるベネチア広場。

その西側を占める初期ルネサンス様式のベネチア宮殿は、ベネチア出身の枢機卿ピエトロ・バルボによって1455年に着工された。
バルボは1464年に教皇パウロ2世となり、宮殿を住居に定めた。
その後1世紀渡り歴代の教皇がここに暮らした。

宮殿は数奇な運命をたどることになる。ベネチア共和国、オーストリア共和国の所有を経て、20世紀初頭にオーストリアとの戦争に買って、イタリアが取り戻すことになった。
ファシスト政権のムッソリーニは迎賓館として使用し、第二次大戦中には、ムッソリーニが執務室を置いた。
宮殿入口の真上にあるバルコニーで歴史的なムッソリーニの演説が行われた。

見どころ

ルネッサンス美術見るならこの博物館は欠かせない

宮殿内に併設されたベネチア宮殿博物館にはルネサンス期を中心とするローマ時代からバロック時代の陶磁器、中世から16世紀の木製彫刻、タペストリー、武器や銃器など武具などを展示され、図書館も兼ね備えている。

14 世紀「アルバ・フチェンセ」の三幅対の祭壇画や古代ゲルマン時代の木像「法王の像」など、美術展示品が豊富で、フランチェスコ・ソリメーナの「カナの婚礼」や、ドナート・クレティの「ニンフの踊り」などの絵画展示室も大変人気がある。
ルネサンス美術の本場ローマでルネサンス美術を見るならこの博物館は欠かせない。

旅のプロ直伝 ベネチア宮殿観光のポイント

執筆者の旅工房コンシェルジュ、豊川萌さん
旅工房トラベル・コンシェルジュ
イタリア担当
豊川 萌
提携パートナー
ムッソリーニの政務室があったことでも有名なベネチア宮殿。彼が広場いっぱいの群衆に向かって演説したことはとっても有名ですよね。数々の著名な演説の舞台になった場所でした。現在は各地の工芸品を集めた博物館、図書館となっています。

編集部一押しの観光プラン

長蛇の列をカット!優先入場で効率重視のローマ探訪

  • ローマのお勧めツアー

    並ばず入場!ヴァチカン美術館&システィーナ礼拝堂&コロッセオ☆日本語ガイド同行のバスツアー

    コロッセオやカンピドーリオ広場などのローマ必見スポットを日本語ガイドと巡る。驚くべきは効率性で、バチカン美術館にはなんと開館の30分前から優先入場。その他も団体入場や的確な誘導で行列を極力カットして観光できると人気だ。

    ➡ 詳細はこちら

  • ローマ旅行者の必読記事

    アクセス・入場

    ベネチア宮殿へのアクセス

    Piazza S. Marco, 49, 00186 Roma RM
    メトロB線Colosseo駅(コロッセオ駅)から徒歩10分

    プラン相談

    どんなローマ旅行がしたいのか相談してみよう

    「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
    「最高のサプライズがしたい」
    「10万円以内でローマ旅行をしたい」
    123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
    エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
    ※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
    ➡詳しくはこちら

    人気記事

    ホテル スプレンディッド ロイヤルからの景色
    海外での防犯対策グッズ