フォロ・イタリコの観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

フォロ・イタリコ
Foro Italico

2017/05/05 更新

基本情報

住所

Viale del Italico, 00135 Roma,
トラム2号線Piazza Mancini駅徒歩5分
バス69、280、301、628線De Bosis- Stadio Tennis駅すぐ

料金

施設により異なるためHPにて要確認

営業時間

施設により異なるためHPにて要確認

休業日

施設により異なるためHPにて要確認

HP

http://www.uniroma4.it/
イタリア語

Foro Italico in Rome
データガイド
アクセス・入場
プラン相談

データガイド

概要

ムッソリーニのファシスト時代の建築物

複合スポーツ施設で1928年に着工し、1938年に完成した。
エンリコ=デル=デッビオとルイジ=モレッティの設計により、建造され、イタリア合理主義建築を代表する建築の1つに数えられる。

ムッソリーニのファシスト時代の代表的建築でもあり、当初は、フォロ・ムッソリーニ(ムッソリーニのフォーラム)と呼ばれていた。
第二次大戦後に現在の名称に変更された。
敷地内には室内競泳プールやテニススタジアム、オリンピックスタジアムなどがある。1960年には、夏季オリンピックの開催地となった。オリンピックスタジアムは、約10万人収容できる。
フォロ・イタリコでは、国際的に重要なスポーツイベントが多く開催されている。

現在でも入口にはムッソリーニと名が彫刻された巨大なオベリスクや、当時のモザイクが床に残されており、当時の様子が伺える。
陸上トラックがある場所は、大理石スタジアムと呼ばれ、ビアンコ・カラーラの大理石の像が59体ある。

建築家エンリコ・デル・デッビオは、スタジアムのほかにも、施設内のレンガ色の「体育・教育アカデミー」の校舎も手がけている。

編集部一押しの観光プラン

長蛇の列をカット!優先入場で効率重視のローマ探訪

ローマ旅行者の必読記事

アクセス・入場

フォロ・イタリコへのアクセス

Viale del Italico, 00135 Roma,
トラム2号線Piazza Mancini駅徒歩5分
バス69、280、301、628線De Bosis- Stadio Tennis駅すぐ

プラン相談

どんなローマ旅行がしたいのか相談してみよう

「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
「最高のサプライズがしたい」
「10万円以内でローマ旅行をしたい」
123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
➡詳しくはこちら

人気記事

ホテル スプレンディッド ロイヤルからの景色
海外での防犯対策グッズ