ペストゥムの遺跡の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

ペストゥムの遺跡
Paestum

2017/05/05 更新

基本情報

住所

Via Magna Grecia 84047 Paestum SA
トレニタリア鉄道Paestum駅

料金

€7

営業時間

8:45-日没1時間前まで

休業日

1/1、5/1、12/25

HP

Paestum
データガイド
アクセス・入場
プラン相談

データガイド

概要

世界遺産登録の古代ギリシャの遺跡

Paestum

サレルノから南に約50キロメートル、ティレニア海沿いに残る古代ギリシャの都市である。
古代ギリシア人は、植民した南イタリア一帯をマグナ・グラエキア(「大ギリシャ」の意味)と呼んでいたが、そのマグナ・グラエキアの中でも特に保存状態のよい遺跡である。
ユネスコの世界遺産にも登録されている。

ギリシャ人入植者により紀元前6世紀ごろに建設され、都市はポセイドニアと名づけられた。
ギリシャの海の神ポセイドンの町という意味で、ここから現在のペストゥムという呼び方に変化した。紀元前273年にはローマの支配となった。

ケレスの神殿、都市の中心であった広大な広場(Foro)、3つの神殿のうち最大で最もよく保存されているネプチューンの神殿、そのすぐ南隣の「バジリカ」と呼ばれる女神ヘーラーの神殿がある。
博物館では発掘品などが展示されている。

編集部一押しの観光プラン

青の洞窟が見たいならこれ!カプリ島を満喫する1日

ナポリ旅行者の必読記事

アクセス・入場

ペストゥムの遺跡へのアクセス

Via Magna Grecia 84047 Paestum SA
トレニタリア鉄道Paestum駅

プラン相談

どんなナポリ旅行がしたいのか相談してみよう

「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
「最高のサプライズがしたい」
「10万円以内でナポリ旅行をしたい」
123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
➡詳しくはこちら

人気記事

海外での防犯対策グッズ
HowTravelおすすめのスーツケースブランド