20世紀美術館の観光情報(作品・料金・行き方・営業時間)

20世紀美術館
Museo del Novecento

2017/05/05 更新

基本情報

住所

Palazzo dell'Arengario Via Marconi, 1,20122 Milano

メトロ1号線Duomo駅

料金

€10
65歳-は€8
13歳-25歳は€6
-12歳は無料
※火曜14:00以降と閉館2時間前からは€6

営業時間

月曜は14:30-19:30
火曜、水曜、金曜、日曜は9:30-19:30
木曜、土曜は9:30-22:30

休業日

年中無休

HP

http://www.museodelnovecento.org/en
英語、イタリア語

Museo del Novecento

概要

特徴

Museo del Novecento

ミラノの中心地ドゥオモ広場に面するアレンガリオという建物内に2010年にオープンした新しい美術館。開館前は旅行者向けインフォメーションセンターがあった立派な建物で、立地は非常に分かりやすい。

未来に重要な美術家とされるボッチョーニ、カッラ、ソッフィチ、デ・キリコ、シローニといった20世紀イタリア画家を中心に約400点近い作品が展示されている。彫刻やポップアートのコーナーもあり、展示作品は写真撮影もOKだ。

構造

館内は斬新な設計で5階建ての建物内にぎっしりと作品が展示されている。回廊やエレベーターもあり、上のガラス張りの部屋からはドゥオーモを眺めて楽しむ事もできる、近代アートの好きな人にはみのがせない美術館だ。館内には「一生に一度は行ってみたいミュージアム・レストランTOP10」にランクインしたレストランもある。

チェック

アレンガリオ宮殿


新しい宮殿が美術館に

20世紀美術館はその建物自体も見逃せない。イタリア名所としては比較的新しく、1936年に起工され第二世界大戦の爆撃の影響を受けながら1956年に完成した宮殿であり、3人の一流建築家グリッフィーニ、マジストレッティ、ムツィオトポルタルッピによって設計された。

外見上は各フロアの高さが長い3階建てのように見えるが、内部は6階層になっていて興味深い。また、外部は四角く角ばっているが、内部は螺旋状の構造になっている。アレンガリオとはイタリア語で「演説する」という意味で、もともとムッソリーニがドゥオモに向かって演説するために建てたとされている。

編集部一押しの観光プラン

最後の晩餐を確実に鑑賞!チケットと日本語ガイド付き

  • Chiesadi Santa Mariadelle Grazie

    最後の晩餐」入場付き!ミラノ半日観光 日本語ガイドツアー

    ドゥオモスカラ座スフォルツェスコ城などミラノの外せないスポットを押さえた、日本語ガイド付き大人気プラン。事前予約必須な「最後の晩餐」を確実に鑑賞できるのが最大のポイント。ミラノ最高の芸術をじっくり味わおう。

    ➡ 詳細はこちら

  • ミラノ旅行者の必読記事

    海外旅行保険って必要?保険加入者のうち、実際に使った人の割合や補償内容を解説!無駄を省こう。Check!
    マイルの貯め方&使い方を初歩から説明!難しそうだからと貯めてこなかった方、必見のお得すぎる情報満載。Check!
    海外旅行×クレジットカードの疑問をQ&A方式で解説!両替所よりお得?JCBって使える?ラウンジ利用方法は?などなど。Check!
    (Photo by Mark B. Schlemmer)

    人気記事

    海外旅行用クレジットカード
    マイルを貯めて飛行機に乗る
    wifiレンタル
    海外旅行に必要なパスポートとお金
    HowTravelおすすめのスーツケースブランド

    スポンサーリンク