サン・シンプリチャーノ教会の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

サン・シンプリチャーノ教会
Basilica di San Simpliciano

2017/05/05 更新

基本情報

住所

Piazza S.Simpliciano 7,20121Milano
メトロ2号線Lanza駅から徒歩3分

料金

無料

営業時間

月曜-土曜は8:00-12:00、 15:00-19:00
日曜、祝日は8:00-12:00、 16:00-19:00

休業日

年中無休

HP

Basilica di San Simpliciano
データガイド
アクセス・入場
プラン相談

データガイド

概要

2番目にミラノで古い教会

サンタンブロージョ教会の次にイタリア・ミラノで古い教会。司教シンプリチャーノによって385年に創立した。
内部の後陣を飾るフレスコ画「聖母マリアの戴冠」は、16世紀ロンバルド派を代表する画家ベルゴニョーネの傑作が美しい。
このフレスコ画を目的に、サン・シンプリチャーノ教会を訪れる観光客がほとんどだ。薄暗い教内での写真撮影は困難なのでしっかり目に焼き付けたい。

ブラレ通り界隈にひっそりと聳え立つ赤いレンガの建物。
外観は目立たず、位置も大通りに面していないので、少しわかりにくい。
建物は12世紀にはロマネスク様式に改築され、その後も改築が続き、当初の面影は正面扉周辺のみとなっている。
内部は天井が高く、地下には建設当初の礼拝堂の一部が残されている。

見どころ

観光地化されていない本当の教会

Basilica di San Simpliciano

正面扉をくぐると、装飾の派手すぎない教会らしい教会の姿がある。
後陣の丸天井のベルゴニョーネのフラスコ画「マリアの戴冠」は傑作で、もちろんステンドガラス等も美しい。
だが、そこにいる人々は観光客ではない。数人の信者が熱心に祈りを捧げている。
装飾や天井を鑑賞しに来たのではなく、お祈りを捧げに来た人々だ。これぞ本当の教会と言われる場であり、キリスト教が美術の世界や人々の心に強く訴える神秘的な何かを感じることのできる場だ。

編集部一押しの観光プラン

最後の晩餐を確実に鑑賞!チケットと日本語ガイド付き

  • Chiesadi Santa Mariadelle Grazie

    最後の晩餐」入場付き!ミラノ半日観光 日本語ガイドツアー

    ドゥオモスカラ座スフォルツェスコ城などミラノの外せないスポットを押さえた、日本語ガイド付き大人気プラン。事前予約必須な「最後の晩餐」を確実に鑑賞できるのが最大のポイント。ミラノ最高の芸術をじっくり味わおう。

    ➡ 詳細はこちら

  • ミラノ旅行者の必読記事

    (Photo by Allan Parsons)

    アクセス・入場

    サン・シンプリチャーノ教会へのアクセス


    Piazza S.Simpliciano 7,20121Milano
    メトロ2号線Lanza駅から徒歩3分

    プラン相談

    どんなミラノ旅行がしたいのか相談してみよう

    「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
    「最高のサプライズがしたい」
    「10万円以内でミラノ旅行をしたい」
    123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
    エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
    ※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
    ➡詳しくはこちら

    人気記事

    海外での防犯対策グッズ
    HowTravelおすすめのスーツケースブランド