プラトリーノの観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

プラトリーノ
Villa di Pratolino

2017/05/05 更新

基本情報

住所

Via Fiorentina 276, 50036, Vaglia
バス302、306、307番Ptatolino停留所

料金

無料

営業時間

4/25-11/1の金曜、土曜、日曜、祝日は10:00-20:00(10月-19:00)

休業日

月曜-木曜
冬期

HP

-

Villa di Pratolino
データガイド
アクセス・入場
プラン相談

データガイド

概要

メディチ家の別邸と庭園

Villa di Pratolino

フィレンツェ郊外北に約12キロメートル、バスで45分程度の場所にあるのがメディチ家の別邸プラトリーノ荘。
プラトリーノは地名でフィレンツェに隣接するヴァーリアという町にある。
メディチ家フランチェスコ1世の為に1569年から1581年にかけてベルナルド・ブオンタレンティによって作られた。
しかし19世紀にはロシアの富豪デミドフ家の手に渡り、邸宅は改装され、庭園も当時流行していた英国式庭園にリニューアルされた。
この背景からヴィラ・デミドフとも呼ばれている。

プラトリーノ荘の見どころは、16世紀のジョバンニ・ボローニャ作の「アッペンニーノ像」だ。
3年間におよぶ費用€315,000の大修復工事が2014年に終了し、再び見学可能となった。
プラトリーノはアペニン山脈の麓にあり、この山脈を擬人化したものがアペニンの擬人巨像「アッペンニーノ像」である。
なんと内部には縦に3つの部屋があり、2層目は美しく飾られた円蓋天井の部屋、3層目の部屋では巨人の目の部分に開口部が設けられ、外にいる人には分からないように、中から外を覗けるようになっている。

敷地は道路に面し近くに駐車場もあるので、レンタカーで訪れるにはおすすめのスポットである。

編集部一押しの観光プラン

アクセスし辛いピサの斜塔へ一直線!斜塔への入場も可能

  • フィレンツェのお勧めツアー

    ピサの斜塔 日本語ガイドツアー<斜塔入場プランあり/フィレンツェ発>

    イタリアに来たからにはピサの斜塔の傾き具合をこの目で確かめたいもの。このプランはフィレンツェ出発で、個人ではアクセスしづらいピサもベテラン日本語と楽々満喫できる。斜塔に登るか外から眺めるかも選択可能だ。

    ➡ 詳細はこちら

  • フィレンツェ旅行者の必読記事

    アクセス・入場

    プラトリーノへのアクセス


    Via Fiorentina 276, 50036, Vaglia
    バス302、306、307番Ptatolino停留所

    プラン相談

    どんなフィレンツェ旅行がしたいのか相談してみよう

    「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
    「最高のサプライズがしたい」
    「10万円以内でイタリア旅行をしたい」
    123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
    エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
    ※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
    ➡詳しくはこちら

    人気記事

    フィレンツェのホテル
    海外での防犯対策グッズ