プラトリーノの観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

プラトリーノ
Villa di Pratolino

2017/05/05 更新

基本情報

住所

Via Fiorentina 276, 50036, Vaglia
バス302、306、307番Ptatolino停留所

料金

無料

営業時間

4/25-11/1の金曜、土曜、日曜、祝日は10:00-20:00(10月-19:00)

休業日

月曜-木曜
冬期

HP

-

データガイド
アクセス・入場
データガイド

概要

メディチ家の別邸と庭園


フィレンツェ郊外北に約12キロメートル、バスで45分程度の場所にあるのがメディチ家の別邸プラトリーノ荘。
プラトリーノは地名でフィレンツェに隣接するヴァーリアという町にある。
メディチ家フランチェスコ1世の為に1569年から1581年にかけてベルナルド・ブオンタレンティによって作られた。
しかし19世紀にはロシアの富豪デミドフ家の手に渡り、邸宅は改装され、庭園も当時流行していた英国式庭園にリニューアルされた。
この背景からヴィラ・デミドフとも呼ばれている。

プラトリーノ荘の見どころは、16世紀のジョバンニ・ボローニャ作の「アッペンニーノ像」だ。
3年間におよぶ費用€315,000の大修復工事が2014年に終了し、再び見学可能となった。
プラトリーノはアペニン山脈の麓にあり、この山脈を擬人化したものがアペニンの擬人巨像「アッペンニーノ像」である。
なんと内部には縦に3つの部屋があり、2層目は美しく飾られた円蓋天井の部屋、3層目の部屋では巨人の目の部分に開口部が設けられ、外にいる人には分からないように、中から外を覗けるようになっている。

敷地は道路に面し近くに駐車場もあるので、レンタカーで訪れるにはおすすめのスポットである。

編集部一押しの観光プラン

イタリア主要都市を巡るお得な周遊7日間ツアー

  • ベネチア&フィレンツェ&ローマ7日間 132,000円-

    航空券とホテル、現地での移動に使う特急列車のチケットがセットになった、イタリア国内の主要な3都市を巡るお得なプラン。フィレンツェは、3日目に訪れ、1泊することとなる。現地では自由行動なので、好きなスポットを巡れるのが嬉しいポイント。
    ➡ 詳細はこちら
  • ➡ その他のフィレンツェツアーはこちら

    フィレンツェ旅行者の必読記事

    アクセス・入場

    プラトリーノへのアクセス


    Via Fiorentina 276, 50036, Vaglia
    バス302、306、307番Ptatolino停留所

    人気記事

    WiFiを現地で使用して徹底比較!
    【6ヶ国で実際に比較!】本当にオススメの海外WiFiレンタルはこれ!
    フィレンツェのホテル
    【フィレンツェのホテル】避けるべき危険地区の解説・お勧めホテル紹介
    飛行機で安眠できる最強睡眠グッズを旅のプロが厳選