ルチェッライ宮の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

ルチェッライ宮
Palazzo Rucellai

2017/05/05 更新

Palazzo Rucellai

概要

フィレンツェの権力者、ルッチェライ家の繁栄の面影を見る

Palazzo Rucellai

カッライア橋を渡り、カルロ・ゴルドーニ広場から東の方に伸びるヴィーニャ・ヌオーヴァ通りに面して、ルッチェライ宮がある。

赤い染料を発見したことで大儲けして財を成したルッチェライ家は、フィレンツェで最も有力な一族の一つであった。
ベルナルド・ルッチェライの命により、レオン・バティスタ・アルベルティが設計、1445から1470年頃にかけて建てられた。
ルッチェライ家の邸宅として、かつては結婚式など特別な行事のために使われていた。

現在は、1階部分がショップになっている。ロッジャ・ルッチェライと呼ばれる回廊の部分も、同様にショップになっている。
建物の上階は公開されていないが、今でも、建物の外壁にルッチェライ家の紋章を見ることができる。

フィレンツェ旅行者の必読記事

(Photo by John Galanti)

人気記事

フィレンツェのホテル
海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
海外旅行に必要なパスポートとお金
wifiレンタル

スポンサーリンク