カスターニョの「最後の晩餐」の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

カスターニョの「最後の晩餐」
Andrea del Castagno“Ultima Cena”

2017/05/05 更新

基本情報

住所

Via 27 Aprile 50129 Firenze
S.M.N.駅(サンタ・マリア・ノヴェッラ駅)から1番か6番、もしくは11番のバスに乗り、VentisetteAprile停留所で下車。
所要時間約10分。

料金

無料

営業時間

9:00-12:00

休業日

日曜、祝日

HP

-

データガイド
アクセス・入場

データガイド

概要

繊細な画風へと変化を遂げるカスターニョにとっての分岐点


「最後の晩餐」と言えば、レオナルド・ダ・ヴィンチのものが最も有名であるが、サンタアッポローニア修道院に収蔵されているアンドレア・デル・カスターニョによる「最後の晩餐」もまた、評価の高い作品である。
この作品は、フィレンツェ市内のサンタポッローニア修道院で見ることが出来る。

食卓に横並びで座るイエスと使徒たちという見慣れた光景。
しかしその中でひときわ目を惹くのが、食卓テーブルの鮮やかな「白」だ。食卓テーブルの白い色が全体の雰囲気を明るくしていて、ダヴィンチ作のものよりも全体的に陰鬱さが抑えられている印象がある。

良く見てみると使徒たちやユダの表情も非常に細かく描かれており、ディテールにまでこだわった非常に繊細な画風であることが見て取れる。
「最後の晩餐」はカスターニョにとっても分岐点となった作品であり、これ以降、カスターニョは細部のディテールにこだわり始め、繊細な画風をより深めてゆくこととなったのである。

編集部一押しの観光プラン

アクセスし辛いピサの斜塔へ一直線!斜塔への入場も可能

フィレンツェ旅行者の必読記事

アクセス・入場

カスターニョの「最後の晩餐」へのアクセス


Via 27 Aprile 50129 Firenze
S.M.N.駅(サンタ・マリア・ノヴェッラ駅)から1番か6番、もしくは11番のバスに乗り、VentisetteAprile停留所で下車。
所要時間約10分。

人気記事

フィレンツェのホテル
海外での防犯対策グッズ