英国庭園の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

英国庭園
English Garden

2017/05/05 更新

基本情報

住所

Gyßlingstraße 80805 München

Uバーン3号、6号線 Universität駅、または53番のバスでNationalmuseum下車。

料金

無料

営業時間

24時間

休業日

年中無休

HP

http://www.muenchen.de/sehenswuerdigkeiten/orte/120242.html
英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、アラビア語、中国語、ロシア語

データガイド
アクセス・入場

データガイド

概要

ミュンヘン市民が憩う英国風庭園

長さ約4キロメートル、幅約1キロメートルに及ぶ広大な英国風庭園が「英国庭園」だ。
ミュンヘン市の中央に位置し、ミュンヘン市民の憩いの場として親しまれている場所である。
広大な敷地には、ミュンヘンオリンピック開催を記念して作った日本茶室や、中国塔、円形神殿、イザール川から水を引いて作った人工湖など、様々なものが目を引く。

ビアガーデン、湖畔のレストラン、川で行うサーフィンなど、老若男女が時期を問わず楽しめるスポットがあるため、年間を通して多くの人が集まる場所ともなっている。
特に春から夏にかけての週末には、家族でピクニックをする人、日焼けをしている人、スポーツをしている人で賑わうスポットだ。
秋には綺麗な紅葉が見られ、撮影スポットとしてもおススメの場所である。

見どころ

アイスバッハで珍しい川サーフィン

英国庭園は、ミュンヘン市民に川サーフィンの場所としても知られている。
園内の「アイスバッハ」という小川で波に乗る。

ドイツ語のアイスは[氷]、バッハは[小川]を意味する。
その名の通り、アルプスの雪解け水が流れ込んでいるアイスバッハは、夏でも10℃程度と冷たい川だ。
また、小川はアルプスの雪解け水の流れによって、急流が生み出されている。
多くの川サーファーたちは、冷たくてもお構いなしでアイスバッハの波に乗っているのである。

英国庭園の美しい景色を満喫した後、そんな珍しい光景を撮影するのもおススメだ。

編集部一押しの観光プラン

【H.I.S.】ミュンヘン3泊5日お手頃弾丸ツアー

  • 【WEB限定】羽田発着 ANA往復直行便で行く!ミュンヘン5日間 スタンダードクラスホテルに滞在

    お手頃価格が嬉しい5日間の弾丸ツアー。帰りは機内泊のため費用を抑えられ、現地での滞在時間を最大限に伸ばしているのが嬉しいポイント。自由行動で、現地では好きなように行動できるので、オプショナルツアーを申し込むのもおすすめだ。
    ➡ 詳細はこちら
  • ➡ その他のミュンヘンツアーはこちら

    ミュンヘン旅行者の必読記事

    アクセス・入場

    英国庭園へのアクセス

    Gyßlingstraße 80805 München

    地下鉄Uバーン3号、6号線 Universität駅、または53番のバスでNationalmuseum下車。

    人気記事

    フィヤー・ヤーレスツァイテン・ケンピンスキーの客室
    【ミュンヘンのホテル】避けるべき危険地区の解説・お勧めホテル紹介
    飛行機で安眠できる最強睡眠グッズを旅のプロが厳選
    海外での防犯対策グッズ
    海外旅行中のあらゆる盗難を防止する究極の防犯グッズ特集