ドイツの電圧・電源プラグ・度量衡

ドイツの電圧・電源プラグ・度量衡

2017/05/05 更新

Voltage

データガイド

チェック

ドイツの電圧・電源プラグ

電源の変換プラグは必須

ドイツの電圧は230Vで周波数は50Hzとなっており、日本の100Vの電化製品をそのまま使うと故障や事故の原因になる。ただし最近のノートパソコンやスマートフォン(iphone等)、カメラのプラグや充電器には「電圧100V-240V」、「50Hz-60Hz」等と記載されているものもあるので、必ずしも変圧器が必要とは限らない。普段使用している電化製品が230Vの電圧に対応しているのかどうか、事前に仕様をチェックしておこう。

電源プラグの形状も日本とは異なっており、先が丸くなっているCタイプが一般的。変換プラグは必ず持って行こう。一部SEタイプのプラグもあるが、Cタイプの変換機で対応可能だ。

ドイツの度量衡

日本とほぼ同じ単位を使用!

ドイツの度量衡は日本とほとんど同じで、メートル、ヘクタール、リットル、グラム等が常用されている。ただし、服や靴は海外から輸入されている物が含まれていたり、メーカーによってサイズが異なっていたりするので、試着をしてから購入する事をお勧めする。

どんなミュンヘン旅行がしたいのか相談してみよう

「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
「最高のサプライズがしたい」
「10万円以内でミュンヘン旅行をしたい」
123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました。➡詳しくはこちら

人気記事

フィヤー・ヤーレスツァイテン・ケンピンスキーの客室
海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
海外旅行に必要なパスポートとお金
wifiレンタル

スポンサーリンク