シュテーデル美術館の観光情報(作品・料金・行き方・営業時間)

シュテーデル美術館
Städel Museum

2017/10/12 更新

基本情報

住所

Schaumainkai 63 60596 Frankfurt am Main

地下鉄Uバーン1号、2号、3号、8号線Schweizer Platz駅

料金

€14
12歳以下無料

営業時間

火曜、水曜、土曜、日曜は10:00-18:00
木曜、金曜は10:00-21:00

休業日

月曜

HP

http://www.staedelmuseum.de/en
英語、ドイツ語
※日本語によるビジターインフォメーションあり

Stadel Museum
データガイド
アクセス・入場
プラン相談

データガイド

概要

特徴

Stadel Museum

銀行家がコレクションした貴重な美術品が並ぶのが、シュテーデル美術館だ。14世紀から現代にわたる、幅広い美術品が展示されている。例えば、一度は没収されたゴッホの「医者ガシェの肖像」等の絵画は有名。他にもフェルメールや、レンブラント、ボッティチェリ、モネ、マネ等の名画を見る事ができる、貴重な美術館である。

歴史

1818年に開館したシュテーデル美術館は、銀行家シュテーデルの遺言によって建てられたものだ。大戦により一度は破壊されたが、1966年に再建された。ナチスにより一時は美術品が没収されていた歴史もあるが、戦火を生き残った美術品は今も見る事ができる。

チェック

①展示方法

Stadel Museum

ホール内の配色センスに注目

シュテーデル美術館でまず目を引くのが、美術品の展示の仕方である。玄関を入ると、正面には幾つもの絵画が入り口を囲むように展示されていて一際目を引く。また、ホール内の壁が絵の雰囲気に合わせて色分けされている。その配色センスには感銘を覚える事だろう。

②コレクション

ゴッホやフェルメールの名画が揃う

シュテーデル美術館の一番の見どころは、やはりゴッホやフェルメールらの名画である。ゴッホの「医師ガシェの肖像画」等、戦火をくぐり抜けた名画を鑑賞できる。

また、シュテーデル美術館では、希少なフェルメールの作品を鑑賞できる事でもよく知られている。同美術館には、フェルメールの代表作である「地理学者」が所蔵されている。

ほかにも、ヴィルヘルム・ティッシュバインの「カンパニアのゲーテ」や、ボッティチェリの「女性理想像」等の作品も有名だ。遅くまで開館している曜日もあるので、ゆっくり鑑賞したい人はホームページでチェックしてみよう。

(Photo by irene. itineri.de Joe Shoe)

編集部一押しの観光プラン

シュテーデル美術館アクセス良好!散策の足に巡回バスを

  • 観光地を巡回する乗り降り自由バスはシュテーデル美術館へのアクセスも良好

    選べる2プラン!フランクフルト 乗り降り自由バス

    観光地13カ所以上に発着する巡回バスは、乗り降り自由で効率的な散策に役立つ。シュテーデル美術館も、レーマータウンホール停留所のすぐ近くにありアクセス良好。日本語音声ガイド付きで、土地勘を掴みながら楽しく辿り着ける。

    ➡ 詳細はこちら

  • ➡ その他のフランクフルト現地ツアーはこちら

    フランクフルト旅行者の必読記事

    アクセス・入場

    シュテーデル美術館へのアクセス

    フランクフルト中心部の駅から、わずか5分、駅から徒歩5分で行く事ができるシュテーデル美術館。市内にホテルとれば比較的行きやすく、曜日によっては遅くまで開館しているので、観光プランに組み込みやすいスポットだ。

    地下鉄

    地下鉄Uバーン1号、2号、3号、8号線Schweizer Platz駅から徒歩5分。

    プラン相談

    どんなフランクフルト旅行がしたいのか相談してみよう

    「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
    「最高のサプライズがしたい」
    「10万円以内でドイツ旅行をしたい」
    123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
    エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
    ※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
    ➡詳しくはこちら

    人気記事

    フランクフルトのホテル
    海外での防犯対策グッズ