ゲーテハウスとゲーテ博物館の観光情報(作品・行き方・営業時間)

ゲーテハウスとゲーテ博物館
Goethehaus und Goethe Museum

2017/05/05 更新

Goethehaus und Goethe Museum

データガイド

アクセス・入場

概要

ゲーテを知るには欠かせないスポット

Goethehaus und Goethe Museum

ドイツの詩人であり、小説家、劇作家として名を知られ、世界に多くの影響を与えた世界の文豪ゲーテ。
そんなゲーテを深く知ることができるスポットが、「ゲーテハウス」と「ゲーテ博物館」である。

ゲーテが少年時代を過ごした生家が、ゲーテハウスと呼ばれ、一般に公開されている。
また、生家に隣接するのが、ゲーテ博物館だ。
ゲーテ時代の絵画、ゲーテと深い関係のある品々などが展示されている博物館である。

ゲーテハウスとゲーテ博物館は中庭で繋がっており、入場料は同じ受付で払う。

見どころ

①ゲーテ博物館

Goethehaus und Goethe Museum

ゲーテゆかりの絵画や、品々がコレクションされているのが「ゲーテ博物館」である。
特に、ゲーテが生きた時代に活躍した画家の絵画や、ゲーテと親しかった画家の絵画は必見だ。
例えば、本物の天才と称えられた「ヒュッスリ」の作品や、ハケルトの作品「アルカディアの川風景」など、素晴らしい作品達が展示されている。
どちらもゲーテに影響を及ぼした作品で、その表現力や美しさに魅了される作品である。
ゲーテが生きた時代を回想しながら、楽しみたい。

②ゲーテハウス

Goethehaus und Goethe Museum

ゲーテ博物館の一階にある中庭を抜けると、ゲーテの生家「ゲーテハウス」に行くことができる。
1749年にゲーテが生まれた家とされていて、少年時代を過ごした場所と言われているスポットだ。
ゲーテの時代の家具や、生活を覗くことができる貴重な家でもある。

 ゲーテハウスは4階建てになっており、それぞれのフロアごとにゲーテゆかりの展示物を見ることができる。
1階には「食堂」や「応接間」があり、当時の生活の雰囲気を味わえる。
2階は「ペキンの間」や「灰色の間」があり、中国に影響されていた様子をうかがい知ることができる。
3階は「図書室」や「誕生の部屋」があり、図書室の蔵書は約2000冊にものぼる。
最上階に上ると、「詩人の部屋」と呼ばれる文豪ゲーテが作品を作り出した部屋を見物できる。

どんなフランクフルト旅行がしたいのか相談してみよう

「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
「最高のサプライズがしたい」
「10万円以内でドイツ旅行をしたい」
123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました。➡詳しくはこちら

フランクフルト旅行者の必読記事

フランクフルトの危険地区と観光拠点に最適な地区を徹底解説!自分の予約するホテルが安全な場所にあるか確認しておこう。Check!

海外旅行保険って必要?保険加入者のうち、実際に使った人の割合や補償内容を解説!無駄を省こう。Check!

マイルの貯め方&使い方を初歩から説明!難しそうだからと貯めてこなかった方、必見のお得すぎる情報満載。Check!

海外旅行×クレジットカードの疑問をQ&A方式で解説!両替所よりお得?JCBって使える?ラウンジ利用方法は?などなど。Check!

(Photo by shankar s. ptwo Eric Chan)

人気記事

フランクフルトのホテル
海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
海外旅行に必要なパスポートとお金
wifiレンタル

スポンサーリンク