欧州中央銀行の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

欧州中央銀行
Europäische Zentralbank

2017/05/05 更新

Europaische Zentralbank

データガイド

アクセス・入場

概要

特徴

Europaische Zentralbank

ユーロ圏の中でも重要な役割を果たしているのが、大きなユーロマークが特徴的な「欧州中央銀行」である。ユーロ圏の17か国に大きな影響を与えている、世界で最も有名な金融機関のひとつ。「ユーロマーク」と併せてフランクフルトの新たな観光スポットとなっている。2014年に新本店ビルが完成し、ユーロタワーから移転した。

歴史

1998に設立以来フランクフルトに本店を置き活動しており、ユーロ圏の物価の安定や各国の金融政策の要として日夜動いている。これまで、各国の中央銀行出身者がトップを務めてきており、現在はイタリア銀行出身のマリオ・ドラギ氏が3代目総裁を務めている。

チェック

①ユーロマーク

欧州中央銀行のユーロタワー

金融街のシンボル的存在

フランクフルトの欧州中央銀行の象徴と言えば大きな「ユーロマーク」だろう。ヨーロッパのウォール街とも称されるフランクフルトのシンボル的存在で、撮影スポットにもなっている。夜にはライトアップもされており、フランクフルトならではの風景として愛されている。

なお、ユーロタワーの1階には、ユーロマークにちなんだグッズも販売されている。ユーロマークが付いたマグカップに始まり、キーホルダー、メモパッド、ユーロ柄のトイレットペーパーまで、さまざまなお土産がある。

②新本店ビル

Europaische Zentralbank

旧市場跡地の新たなシンボル

「European Central Bank」の頭文字をとって通称ECB呼ばれている欧州中央銀行。設立されて以来ユーロタワーに本店を置いていたが、1999年に新店のデザインを募集。ウィーンの設計事務所コープ・ヒンメルブラウのデザインが選出され、2008年にフランクフルト・オステンド地区に建設が始まった。2014年に完成した45階建ての新店は、オステンド地区で一際目立っている。

欧州銀行の新本店は、グロスマルクトハレと呼ばれる旧市場跡地に建設された。同建物の地下には、ユダヤ人迫害に深く関係のある地下室が残されており、今後の見学の予定などが期待されている。

③ガイドツアー

興味に合わせた講義やツアーを開催

欧州中央銀行では、その働きを詳しく学べるようにガイドツアーが開催されている。ユーロの基本的な役割について学べるツアーや、より詳細な講義ができるツアー、新本店ビルの建築について解説してもらえるツアー等、目的別に分かれているのがポイント。公式ホームページ内の「Visiting the European Central Bank」欄から日時を確認しよう。

どんなフランクフルト旅行がしたいのか相談してみよう

「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
「最高のサプライズがしたい」
「10万円以内でドイツ旅行をしたい」
123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました。➡詳しくはこちら

フランクフルト旅行者の必読記事

フランクフルトの危険地区と観光拠点に最適な地区を徹底解説!自分の予約するホテルが安全な場所にあるか確認しておこう。Check!

海外旅行保険って必要?保険加入者のうち、実際に使った人の割合や補償内容を解説!無駄を省こう。Check!

マイルの貯め方&使い方を初歩から説明!難しそうだからと貯めてこなかった方、必見のお得すぎる情報満載。Check!

海外旅行×クレジットカードの疑問をQ&A方式で解説!両替所よりお得?JCBって使える?ラウンジ利用方法は?などなど。Check!

(Photo by Dinu Dominic Manns itineri.deRosa Luxemburg-Stiftung)

人気記事

フランクフルトのホテル
海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
海外旅行に必要なパスポートとお金
wifiレンタル

スポンサーリンク