フランクフルトの大聖堂の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

フランクフルトの大聖堂
Dom von Frankfurt

2017/10/12 更新

Dom von Frankfurt

データガイド

アクセス・入場

概要

フランクフルトの象徴的存在

Dom von Frankfurt

フランクフルト旧市街に一際目立つ高くそびえ塔建物が「フランクフルトの大聖堂」である。
皇帝の選挙や戴冠式が行なわれていたことから、通称「カイザードーム」と呼ばれる。
正式にはバルトロメウス大聖堂という名称の教会だ。
建物自体が13世紀頃のもので、歴史的に貴重な建造物として観光スポットになっている。

主な見どころは、赤茶色をした建物外観、旧市街を見渡せる塔、ドーム博物館だ。

毎月第一土曜日には、無料でパイプオルガンの演奏を聞けることでも有名だ。
有名なレーマー広場の東側にあるので、すぐ見つけることができる。

見どころ

①赤茶色の建物

Dom von Frankfurt

赤茶色の堂々たる建物は、経験してきた長い歴史を見物する人々に感じさせる。
13世紀頃に建てられた建物は、14世紀に入りゴシック風の建物へと改装された。

マイン川のほとりからも、堂々とそびえる大聖堂は見ることができる。

皇帝の戴冠式が行われていたこともあるほど、ドイツの歴史、政治的に重要な建物であり、
フランクフルトに訪れた際は見逃すことが出来ないスポットだ。

②そびえ立つ展望塔

Dom von Frankfurt

高さ95メートルにもなる塔は、フランクフルトの旧市街を見渡すことができるスポットとして、よく知られている。
階段は328段と体力がいるが、頂上には絶景が広がっている。
南にマイン川、西向くと旧市街や金融街を望むことができ、美しいパノラマを堪能できる。

頂上まで上れるのは4月-10月という期間限定なので、フランクフルトを一望したい方は、スケジュールを合わせて立ち寄りたい。

③ドーム博物館

Dom von Frankfurt

大聖堂内には「ドーム博物館」がある。
戴冠式や皇帝と関わりの深い大聖堂には、多くの貴重な品々が保存、展示されており、宝冠や祭服、宝珠などの戴冠式を彷彿させるコレクションが数多くある。

ドーム博物館に展示されているのは、戴冠式に関係した品だけではなく、7世紀頃の貴重な出土品も展示されている。
1992年頃に行なわれた発掘調査での出土品の中には、金のイヤリングや装飾が施された指輪など、きらびやかな品々が含まれている。
館内では、今でも輝きを放つそれらの出土品を鑑賞することができる。

さらに、世界大戦において受けた傷やその後の修復作業の様子など、大聖堂の歴史を学ぶコーナーもある。

編集部一押しの観光プラン

大聖堂にも手軽にアクセス!乗り降り自由バスの活用を

  • 選べる2プラン!フランクフルト 乗り降り自由バス

    観光地を巡回している乗り降り自由バスを使えば、主要スポットに手軽にアクセス可能。大聖堂もレーマータウンホール停留所近くにある。屋根のない2階席は見晴らし抜群、日本語音声ガイドもあり移動自体が楽しいアクティビティとなる。

    ➡ 詳細はこちら

  • ➡ その他のフランクフルト現地ツアーはこちら

    どんなフランクフルト旅行がしたいのか相談してみよう

    「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
    「最高のサプライズがしたい」
    「10万円以内でドイツ旅行をしたい」
    123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
    エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
    ※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました。➡詳しくはこちら

    フランクフルト旅行者の必読記事

    フランクフルトの危険地区と観光拠点に最適な地区を徹底解説!自分の予約するホテルが安全な場所にあるか確認しておこう。Check!

    海外旅行保険って必要?保険加入者のうち、実際に使った人の割合や補償内容を解説!無駄を省こう。Check!

    マイルの貯め方&使い方を初歩から説明!難しそうだからと貯めてこなかった方、必見のお得すぎる情報満載。Check!

    海外旅行×クレジットカードの疑問をQ&A方式で解説!両替所よりお得?JCBって使える?ラウンジ利用方法は?などなど。Check!

    人気記事

    フランクフルトのホテル
    海外旅行用クレジットカード
    マイルを貯めて飛行機に乗る
    海外旅行に必要なパスポートとお金
    wifiレンタル

    スポンサーリンク