ストラスブール市街×ミュージアム

このカテゴリーをストラスブール全域で見る

ストラスブール市街×ミュージアム

5件

Musee Alsacien

1

アルザス地方博物館

アルザスの暮らしを再現したかわいい博物館

博物館と言えば、コンクリートの四角い建物を思い浮かべがちであるが、アルザス地方博物館は一般的な博物館とは異なり、あたたかみにあふれた博物館である。 元々個人の持ち物であった古いアルザスの木組みの家を改装して展示しており、アルザス地方の伝統的なインテリアや暮らしを再現している。

Musee d'Art Moderne et Contemporain de Strasbourg

2

近代・現代美術館

Palais de Rohan

ストラスブール近・現代美術館は、イル川の左岸に位置する美術館で、1998年に開館した。 わかりやすさと自由さを表現したフランス人建築家のアドリアン・ファインシルベールの設計である。

Palais de Rohan

3

ロアン宮

マリー・アントワネットも訪れた壮麗な宮殿

18世紀にストラスブール司教の住居として建てられた宮殿。 ロベール・ド・コットという著名な建築家により設計され、大聖堂付近に位置する。 1階は陶器や金細工、時計等、貴重なコレクションが収蔵されている装飾博物館となっており、2階は18-19世紀の絵画が展示されている美術館。

スポンサーリンク

Strasbourg Musee de l'OEuvre Notre Dame

4

大聖堂美術館

大聖堂内の彫刻やステンドグラスを間近に鑑賞

ノートルダム大聖堂の前に建つ博物館で、元は大聖堂の倉庫だった古い建物を利用している。 大聖堂に飾られていた彫刻やステンドグラスの他、アルザス地方の美術品が数多く展示さている。 大聖堂内の彫刻は修復されたレプリカが多く、この博物館内の物がオリジナルという作品も多い。

Cave Historique des Hospices Strasbourg

病院地下のワインセラー

病院地下のワインセラー

ストラスブールの市民病院の地下室に、そのワインセラーは存在する。設立は1395年と古い。 キリスト教ではワインはキリストの血と考えられており、病院では薬として患者に処方した歴史が残っている。