ニース近代・現代美術館の観光情報(作品・料金・行き方・営業時間)

ニース近代・現代美術館
MAMAC

2017/05/05 更新

MAMAC

データガイド

アクセス・入場

概要

ママクーニース

MAMAC

ニース近代・現代美術館では、ポップアートを含む1960年代以降の500点以上の作品を主として、欧米の近代・現代美術作品を収集展示している。

近代・現代美術館を作ろうという試みは、20世紀半ばにトーマス博士(Dr. Thomas)とジャン・カザリーニ(Jean Cassarini)によるポーンチェテシ(la Galerie des Ponchettes)のギャラリー再建から始まった。
その後、1987年に近代・現代美術館の建築プロジェクトに関する協力関係がニースの市と政府との間で決まり、野心的な作品購入や展示館の建設を僅か5年で完了させ、1990年6月21日に開館した。

見どころ

展示物

MAMAC

MAMACは広大な建築の複合体の中に取り込まれている。
この建物群はイヴ·ベアード(Yves Bayard)とアンリ·ヴィダル(Henri Vidal)によって建築された。

外側は飾り気が無く、まるで巨大な石炭庫ようである。
1階には一時的な展示会が催されている。
二階には例えばジャン·ティンゲリー(Jean Tinguely)、ニキ·ド·サン·ファール(Niki de Saint-Phalle)そしてイヴ·クライン(Yves Klein)等の常設の展示物が、ポップ・アート、フランスポップ・アート、新現実主義の3つに分けて陳列されている。

中でも秀逸なのがイヴ·クライン(Yves Klein)の「インターナショナル・クライン・ブルー」と「クロード·パスカルリリーフの肖像」である。
訪れた際は見逃さないようにしよう。

どんなニース旅行がしたいのか相談してみよう

「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
「最高のサプライズがしたい」
「10万円以内でニース旅行をしたい」
123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました。➡詳しくはこちら

ニース旅行者の必読記事

海外旅行保険って必要?保険加入者のうち、実際に使った人の割合や補償内容を解説!無駄を省こう。Check!
マイルの貯め方&使い方を初歩から説明!難しそうだからと貯めてこなかった方、必見のお得すぎる情報満載。Check!
海外旅行×クレジットカードの疑問をQ&A方式で解説!両替所よりお得?JCBって使える?ラウンジ利用方法は?などなど。Check!
(Photo by SteveR- Alessio Bragadini adam w)

人気記事

海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
wifiレンタル
海外旅行に必要なパスポートとお金
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク