サン・ソヴール教会の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

サン・ソヴール教会
Eglise Saint-Sauveur de Saorge

2017/05/05 更新

基本情報

住所

Place de l'église Saint Sauveur 06540 Saorge, Saorge, France

ニース市駅(Nice Ville)から国鉄 ニース-クネオ線(Nice Ville—Cuneo)で、フォンタン・サオルジュ駅(Fontan—Saorge)下車。
乗車時間1時間半ほど。(1日5本程度)

料金

無料

営業時間

不定休

休業日

不定休

HP

http://www.orgue-saorge.fr/
フランス語

Eglise Saint-Sauveur de Saorge
データガイド
アクセス・入場
プラン相談

データガイド

概要

正面の祭壇

Eglise Saint-Sauveur de Saorge

サン・ソヴール教会はニ-ス北東約40キロのイタリア国境に近い、アルプ・マリティーム県(Alpes-Maritimes)のサオルジュ村(Saorge)にある教会だ。

村民達は、大火で焼失した聖アンソニー(Saint Antoine)教会跡に1500年頃、聖なる救い主(=Sauveur)に捧げるサンソヴール教会を再建した。
サン ソヴール教会はバロック建築の粋とされているが、この教会はもともとロマネスク様式の建築物だ。
18世紀に改築された際に金箔を含む色彩豊かで豪華に塗料で上塗りされたが、その正面や柱にはロマネスク様式の痕跡残っている。
正面の祭壇は1732年にサン・レモ(San Remo)の職人によって造られた大理石を組み合わせた素晴らしい工芸品である。

伝統を強く残すチャペルには、19世紀に鋳造された4鐘の金を持つ鐘楼が未だに残されている。
サオルジュ村の鐘つき人は、定期的に手と足を使って鳴らし、伝統を継承し続けている。

また、教会には定期的に演奏会や宗教的な儀式で演奏するために、パイプオルガンが設置されている。

(Photo by MOSSOTMOSSOT)

編集部一押しの観光プラン

モナコにエズ村、南仏の美しさを詰め込んだ半日旅

  • ニースのお勧めツアー

    定番をおさえた人気旅☆鷲の巣村エズとモナコ観光ツアー

    美しい南フランスを巡る贅沢な半日プラン。曲がりくねった石畳を登った先にあり「鷲の巣村」とも言われる絶景のエズの村を始め、モナコではF1コースや衛兵交代式の見学も。香水工場にも訪問するので香水好きにもおすすめだ。

    ➡ 詳細はこちら

  • ニース旅行者の必読記事

    アクセス・入場

    サン ソヴール教会へのアクセス

    Place de l'église Saint Sauveur 06540 Saorge, Saorge, France

    ニース市駅(Nice Ville)から国鉄 ニース-クネオ線(Nice Ville—Cuneo)で、フォンタン・サオルジュ駅(Fontan—Saorge)下車。
    乗車時間1時間半ほど。(1日5本程度)

    プラン相談

    どんなニース旅行がしたいのか相談してみよう

    「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
    「最高のサプライズがしたい」
    「10万円以内でニース旅行をしたい」
    123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
    エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
    ※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
    ➡詳しくはこちら

    人気記事

    海外での防犯対策グッズ
    HowTravelおすすめのスーツケースブランド