カプツィーナー教会(皇帝納骨所)の観光情報(歴史・行き方・営業時間)

カプツィーナー教会(皇帝納骨所)
Kapuzinergruft

2017/05/05 更新

基本情報

住所

1010 Wien, Tegetthoffstraße 2
メトロU1、U2、U3、U4線のKarlsplatz駅(カールスプラッツ駅)から徒歩5分

料金

€5.5

営業時間

10:00-18:00

休業日

年中無休

HP

Kapuzinergruft

概要

歴代オーストリア皇帝が眠る納骨所


ハプスブルグ家の一族は、死後に3つの教会に安置される。
心臓はホーフブルグ宮殿のアウグスティナー教会、心臓を除いた内臓はシュテファン大聖堂、そして内臓を取り除いた遺体が、このカプツィーナー教会の皇帝納骨所へと収められる。
遺体の各部がそれぞれ、定められた教会で眠るという独特の埋葬形式を取るのだ。
カプツィーナー教会には、歴代のオーストリア皇帝をはじめとする、王族達の棺が並んでいる。
棺の数はゆうに100体以上というボリューム。
絶世の美女エリザベート妃、フランツ1世など、歴史上に名を残す人々の棺もあり、歴史好きにはたまらない。
バロック・ゴシック様式を取り入れた豪華絢爛な棺も数多く陳列されており、死してなお豪奢な王族の生活を忍ばせる。

見どころ

棺の上で見つめ合う、マリア・テレジアとフランツ1世

Kapuzinergruft

歴史上の人物が数多く眠るカプツィーナー教会。
その中でも特に有名な棺が、オーストリア女王マリア・テレジアと、神聖ローマ帝国皇帝フランツ1世が眠る棺だ。
少し開けたホールに安置された2人の棺は、他のものに比べても大きく、高さもあるゴージャスなもの。
そして、棺の上部には互いに向き合って微笑む2人の像が飾られている。
16人もの子供をもうけ、仲睦まじい夫婦であったことでも知られるマリア・テレジアとフランツ1世。死後も寄り添う2人の姿が心を打つ。

編集部一押しの観光プラン

シェーンブルン宮殿やウィーンの森へ!大充実プラン

  • ウィーンのお勧めツアー

    1日でウィーンを満喫!世界遺産シェーンブルン宮殿・ブルク庭園・ウィーンの森観光

    ウィーンを1日で効率良く回るのに便利なプラン。午前中はシェーンブルン宮殿などの市内名所を巡り、午後からは個人での観光が難しいウィーンの森や、ヨーロッパ最大の地底湖ゼーグロッテを散策。文化も自然もグルメも一度に満喫できる。

    ➡ 詳細はこちら

  • ウィーン旅行者の必読記事

    ウィーンの危険地区と観光拠点に最適な地区を徹底解説!自分の予約するホテルが安全な場所にあるか確認しておこう。Check!
    海外旅行保険って必要?保険加入者のうち、実際に使った人の割合や補償内容を解説!無駄を省こう。Check!
    マイルの貯め方&使い方を初歩から説明!難しそうだからと貯めてこなかった方、必見のお得すぎる情報満載。Check!
    海外旅行×クレジットカードの疑問をQ&A方式で解説!両替所よりお得?JCBって使える?ラウンジ利用方法は?などなど。Check!
    (Photo by Kamillo Kluth Allie_Caulfield)

    人気記事

    ホテルザッハー
    海外旅行用クレジットカード
    マイルを貯めて飛行機に乗る
    海外旅行に必要なパスポートとお金
    wifiレンタル

    スポンサーリンク