統一会堂 (旧大統領官邸)の観光情報(歴史・料金・行き方)

統一会堂 (旧大統領官邸)
Dinh Thống Nhất (ディン ソン ニャッ)

2017/05/05 更新

基本情報

住所

135 Nam Kỳ Khởi Nghĩa, Quận I, Tp. Hồ Chí Minh
(135 Nam Ky Khoi Nghia Street, District 1, Ho Chi Minh City, Vietnam)
市民劇場から徒歩約13分、サイゴン大教会から徒歩約5分

料金

一般VND30,000
大学生VND15,000
6-17歳VND5,000
※日本語のパンフレットVND10,000。

営業時間

7:30-11:00、13:00-16:00

休業日

年中無休

HP

Reunification Palace

概要

ベトナム戦争終結と南北ベトナム統一の象徴

Reunification Palace

統一会堂は、旧南ベトナム(ベトナム共和国)の大統領府および大統領官邸で、南北に分裂したベトナムで長く続いていたベトナム戦争が終結を迎えた地である。

1975/4/30の朝、北ベトナム軍(解放軍)の戦車の列が大統領官邸へ。
10:45には2台の戦車が官邸の門を破って突入。
解放軍は屋上の南ベトナム政府の旗を降ろし、そこに勝利の証の旗を掲げた。
「サイゴン陥落(解放)」である。その後、南ベトナムのミン(Dương Văn Minh)大統領が、国営テレビとラジオで無条件降伏を宣言。
こうして15年に及んだベトナム戦争は終結を迎えた。庭園の一角には、このとき突入した2台の旧ソ連製の戦車が展示されている。

1976年には南北統一に向けた諮問会議もこの場所で行われ、同年7/1に南北ベトナム統一とベトナム社会主義共和国の樹立が正式に宣言された。
「独立宮殿(Dinh Độc Lập)」と呼ばれていたこの建物は、それを機に「統一会堂(Dinh Thống Nhất)」と改称された。

建物内の一部の部屋は、現在でも国際会議などで使用されている。

見どころ

①南ベトナムの国家的建築家ゴー・ヴィエト・トゥ(Ngô Viết Thụ)によって設計された美しい建築物

Reunification Palace

もともとフランス領インドシナ時代にフランスが建設した建物で、1873年-1955年の間はノロドン宮殿(Dinh Norodom)と呼ばれていた。
フランスが撤退し、1955年にベトナム共和国(南ベトナム)が成立すると「独立宮殿(Dinh Độc Lập)」と改称されるが、1962年のクーデターで爆撃を受けて大破したため取り壊されることになる。

そこで再建時の設計を任されたのが、ベトナム(当時のフランス領インドシナ)で建築を学んだ後パリへ留学し、パリでの建築賞受賞歴もあるゴー・ヴィエト・トゥ。建物の平面図は幸運をあらわす漢字の「吉」のかたちに、全体を正面から見ると、民主主義を構成する人間性・知性・強さの3要素をあらわす「三」、国家主権を象徴する「主」、国の永遠の繁栄を願う「興」など、建設のコンセプトが表現されたいくつもの漢字が浮き上がってくるようなデザインになっているのも興味深い。

建物内部にも彼の美へのこだわりがちりばめられており、窓の外に並ぶ優美な竹林のような石柱は、ベトナムのかつての首都フエ(Huế)の宮殿の扉をもとにデザインされたもの。
その1本1本を通して窓から入る光と影が床に美しい模様を描く。

全部で100以上の部屋があり、内閣会議室、バンケットルーム、大統領応接室のほか、映写室や娯楽室、最上階のバーやダンスルームなどが、現在もほぼ当時のまま保存されている。
メインダイニングルームには、革新的な画家としても名をはせた彼の「国家的風景」という絵画作品の展示もある。

②地下の軍事施設と屋上のヘリポート

Reunification Palace

地上階の豪華な部屋や調度品とは対照的に、地下階へ降りると全体の雰囲気もがらりと変わる。
実際に南ベトナム政府軍の戦術会議などが行われた作戦指令室や電信機が何台も置かれた通信室などの軍事施設は、この建物がベトナム戦争中に使われていたことを思い出させる。

地下部分は空爆などにも耐えられる構造になっており、建物外へつづく地下通路への脱出用扉なども見学することができる。
この地下通路を通って川へ出ることができ、緊急時に要人の脱出や物資を運ぶために使われていた。地下通路はタンソンニャット国際空港まで続いていたとも言われている。

また最上階のダンスルームの窓から、「サイゴン陥落」時に解放軍の戦車が侵入してきたレ・ズアン(Lê Duẩn)通りを正面に見て、視線を横に移すとそこには屋上ヘリポートが。
当時の南ベトナム大統領がその場所から目にしていたであろう光景を思い浮かべる。ヘリポートには軍のヘリコプターが展示されている。

編集部一押しの観光プラン

迫力が違う!手漕ぎボートでメコン川クルーズ

  • ホーチミンのお勧めツアー

    【メコン川クルーズ・日帰り】人気充実ツアー

    手漕ぎボートに乗り込み、木々の合間を縫ってメコン川をクルーズできる屈指の大人気プラン。口コミにも大興奮の体験談が続々届く。ココナッツキャンディ工場の見学や実食、メコン郷土料理のランチも。ホテル送迎付ありで便利。

    ➡ 詳細はこちら

  • ホーチミン旅行者の必読記事

    ホーチミンの危険地区と観光拠点に最適な地区を徹底解説!自分の予約するホテルが安全な場所にあるか確認しておこう。Check!
    海外旅行保険って必要?保険加入者のうち、実際に使った人の割合や補償内容を解説!無駄を省こう。Check!
    マイルの貯め方&使い方を初歩から説明!難しそうだからと貯めてこなかった方、必見のお得すぎる情報満載。Check!
    海外旅行×クレジットカードの疑問をQ&A方式で解説!両替所よりお得?JCBって使える?ラウンジ利用方法は?などなど。Check!
    (Photo by Diego Delso Diego Delso)

    人気記事

    外貨両替窓口
    ホーチミンのホテル
    海外旅行用クレジットカード
    マイルを貯めて飛行機に乗る
    海外旅行に必要なパスポートとお金
    wifiレンタル

    スポンサーリンク