ラーマ7世(ラプチャーティポック王)博物館の観光情報(作品・料金・行き方・営業時間)

ラーマ7世(ラプチャーティポック王)博物館
พิพิธภัณฑ์พระบาทสมเด็จพระปกเกล้าเจ้าอยู่หัว (ピピッタパン ラプチャーティポック)

2017/05/05 更新

King Prajadhipok Museum

データガイド

アクセス・入場

概要

お洒落な国王のお洒落な博物館

ラーマ7世(ラプチャーティポック王)博物館は、2002年に完成した博物館だ。
その名のとおり、タイの第7代王であるラプチャーティポック王に関する物事や資料を展示した博物館となっている。

付近にワット・ラチャナダー民主記念塔などのあるエリアで、バンコクの中では比較的シックな街並みが特徴的な地域だ。
このラーマ7世博物館も、真っ白い外壁が印象的な洋風の建物であり、このエリアの景観に調和していて美しい。
この建物はスイス人建築家によるものだが、モダン趣味でお洒落だったラーマ7世にはぴったりだといえるかもしれない。

展示物はラーマ7世の遺物が中心だが、国王らしくなく意外に感じるのは写真の数々だろうか。
ラーマ7世はカメラが趣味で、多くのカメラや持っていて頻繁に撮影をしていたという。
ほかにも陶器の数々など、お洒落だった国王の趣味を垣間見える展示となっている。

どんなバンコク旅行がしたいのか相談してみよう

「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
「最高のサプライズがしたい」
「4万円以内でバンコク旅行をしたい」
123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました。➡詳しくはこちら

バンコク旅行者の必読記事

(Photo by Lerdsuwa)

人気記事

バンコクのホテル
海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
海外旅行に必要なパスポートとお金
wifiレンタル

スポンサーリンク