林本源園邸の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

林本源園邸
林本源園邸 (リンベンユエンユエンディ)

2017/05/05 更新

基本情報

住所

台湾新北市板橋区西門街9号

メトロ板南線府中駅出口1から北西へ徒歩約6分

料金

無料

営業時間

9:00-17:00
※入園は16:00まで

休業日

第一月曜

HP

http://www.linfamily.ntpc.gov.tw/
日本語、英語、中国語

データガイド
アクセス・入場

データガイド

概要

特徴


台湾に現存する最も完全な園林建築である。林本源とは、林氏一族を祭る組合の号の意味。1778年、福建省から林家の祖先である林応寅が台湾に渡ってきた。その後次男の林平侯が渡ってきて、商売が成功し莫大な財を成した。1847年に板橋に弼益館を建設したのが、林本源園邸の始まりといわれている。一部の土地は売ってしまったそうだが、それでも未だに6,000坪以上の広大な土地が残っている。

見どころ

入口にはクスノキが並んでいる。クスノキは当時、大変高価なものだったそうだ。林氏一族の栄華を窺い知れるだろう。半円筒状の建物は「汲古書屋」と言う書庫。湿気予防のため、「門対門」と呼ばれる風水とは矛盾する造りとなっている。建物内部は、欄干や壁の透かし窓等の細部に至るまで、非常に凝った作りになっている。縁起の良いモチーフが沢山使われているので、探してみよう。

庭園は自由に見学できるが、邸宅は一部が個人所有となっている。その為見学できる時間が決められており、ガイドの案内が必須。1時間ごとに無料ガイドのサービスが提供されているので、これを利用するといい。定員が決まっているので、邸宅まで見学したい場合は案内所で予約をしておきたい。

編集部一押しの観光プラン

【H.I.S.】2日目は自由行動か観光ツアーを選択可の台北満喫ツアー

  • 【WEB限定】タイガーエア台湾<羽田早朝発&早朝帰着>で行く!受託手荷物お1人様1個15kgまで無料!!嬉しい往路送迎&朝食付 台北4日間 エコノミークラスホテルに滞在

    現地に朝到着し、帰国の際も深夜出発でたっぷりと現地の観光ができるのが嬉しいプラン。2日目は終日自由行動か、昼食付きで故宮博物院を中心とした有名スポットを巡るプランか選択できる。お手頃価格で台北を満喫できる、イチオシツアー。
    ➡ 詳細はこちら
  • ➡ その他の台北ツアーはこちら

    台北旅行者の必読記事

    アクセス・入場

    林本源園邸へのアクセス

    メトロ板南線府中駅出口1から北西へ徒歩約6分。

    人気記事

    台北のホテル
    【台北のホテル】避けるべき危険地区の解説・お勧めホテル紹介
    飛行機で安眠できる最強睡眠グッズを旅のプロが厳選
    海外での防犯対策グッズ
    海外旅行中のあらゆる盗難を防止する究極の防犯グッズ特集