国軍歴史文物館の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

国軍歴史文物館 (コクグンレキシブンブツカン)
國軍歴史文物館 (クオグンリースーウェンウークワン)

2017/05/05 更新

基本情報

住所

台北市中正区貴陽街 一段243号

メトロ板橋線、南港線、小南門線の西門駅を出て中華路一段を南に向って徒歩約3分

料金

無料

営業時間

9:00-16:30
※入館は閉館の30分前

休業日

第2土曜、第4土曜、日曜、一部祝日

HP

http://museum.mnd.gov.tw
英語、中国語

データガイド
アクセス・入場

データガイド

概要

特徴

国軍歴史文物館は中華民国の軍事的な資料を集めた資料館である。中華民国の成立50周年を記念し、国民としての意識を高めるために1960年に計画され、翌年1961年(民国50年)創立、開館した。1911年以降の中国本土で使用されていた資料や、日本軍が使用していて戦地から収集された資料が数多く展示されている。常設展として銃、弾薬、手榴弾等の各種兵器のコレクションが展示され、特別展も随時開催されている。

徴兵制

中華民国となってからの1949年に徴兵制が始まり、台湾の全男児は必ず軍隊に入り、訓練を受ける必要があった。設立当初から1年ないし2年での兵役は国民から批判が多く、2014年以降は寡兵制に移行する。ただし、4か月の訓練期間は必須とされている。

編集部一押しの観光プラン

スムーズかつ安全な夜の九份散策

台北旅行者の必読記事

(Photo by Carpkazu)

アクセス・入場

国軍歴史文物館へのアクセス


メトロ板橋線、南港線、小南門線の西門駅を出て中華路一段を南に向って徒歩約3分。

人気記事

台北のホテル
【台北のホテル】避けるべき危険地区の解説・お勧めホテル紹介
飛行機で安眠できる最強睡眠グッズを旅のプロが厳選
海外での防犯対策グッズ
海外旅行中のあらゆる盗難を防止する究極の防犯グッズ特集