中山堂の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

中山堂 (チュウサンドウ)
中山堂 (ツォンサンタン)

2017/05/05 更新

Zhongshan Hall

データガイド

アクセス・入場

概要

特徴

日本統治時代に「台北公会堂」として作られた。1928年昭和天皇が即位した際に計画され、4年の歳月をかけて完成した。この施設の建設労働と言う一大事業に9万4500人が動員され、総工費は当時の金額で98万円費やされた。当時は東京、大阪、名古屋の公会堂に次ぐ4番目の大きさだった。

構造

戦況の悪化に備え、耐火耐風の堅牢な4層構造の鉄筋コンクリート造り。日本撤退後は公営の文化ホールとして、公式なセレモニーや、演劇やコンサート等が開かれている。室内は改装修繕されており、1992年に歴史的建造物として台湾国の重要文化財に指定された。表には北投焼のスクラッチタイルが貼られている。無料のオーディオガイドが用意されており、観光客も内部を見学できる。

どんな台北旅行がしたいのか相談してみよう

「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
「最高のサプライズがしたい」
「2万円以内で台北旅行をしたい」
123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました。➡詳しくはこちら

台北旅行者の必読記事


人気記事

台北のホテル
海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
海外旅行に必要なパスポートとお金
wifiレンタル

スポンサーリンク