台湾の電圧・電源プラグ・度量衡

台湾の電圧・電源プラグ・度量衡

2017/05/05 更新

Voltage

データガイド

プラン相談

チェック

台湾の電圧・電源プラグ

特別な準備は必要なし!

台湾の電圧は110Vで周波数は60Hzとなっており、日本製の電化製品(100V)はほとんどそのまま使用可能だ。PCや携帯、カメラの充電器等には「電圧1000V-240V、500Hz-60Hz」と記載されているので、必ず確認をしたい。電源プラグの形状も日本と同じなので、コンセントに差し込んで日本と同じように使用できる。

とは言え台湾の方がやや電圧が高いので、100パーセント大丈夫という保証はないので注意が必要だ(ただし最近のノートパソコンやiphone等のスマートフォンには「電圧100V-240V」、「50Hz-60Hz」等と記載されているものもあり、この場合は安全だ)。ドライヤーやヘアアイロン、コテ等を持って行く場合には予め取り扱い説明書を確認しておく事。

台湾の度量衡

単位は日本と同じ

台湾の度量衡は日本とほとんど同じで、メートル、ヘクタール、リットル、グラム等が常用されている。市場やお茶屋さんでは昔ながらの単位である両(3.7グラム)、斤(600グラム)が使用される事も。

また、洋服を購入する場合には日本と同サイズを買ってもやや小さく感じる事がある。まずは試着をしてみる事をお勧めする。

人気記事

台北のホテル
海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
海外旅行に必要なパスポートとお金
wifiレンタル

スポンサーリンク