プラナカン博物館の観光情報(作品・料金・行き方・営業時間)

プラナカン博物館
Peranakan Museum

2017/05/05 更新

基本情報

住所

39 Armenian Street

MRT NS、EW線City Hall(シティ・ホール)駅から徒歩10分

料金

一般はS$10
学生、60歳以上はS$6
ファミリーセット(5人まで)はS$30

営業時間

10:00-19:00
※金曜は10:00-21:00

休業日

年中無休

HP

Peranakan Museum
データガイド
アクセス・入場
プラン相談

データガイド

概要

特徴

Peranakan Museum

プラナカン博物館は、プラナカン文化のルーツからライフスタイルまでを幅広く学べる博物館だ。マリーナベイ・シティ地区に位置している。華麗なプラナカン文化は、昨今若い女性達からも注目を集めている。各言語の無料ガイドツアーが充実しており、日本語ガイドは火曜-金曜の10:30から約1時間かけて実施されている。

歴史

プラナカン文化は、ヨーロッパ文化とオリエンタル文化がミックスされて生まれたものだ。プラナカンとは、15世紀後半からシンガポールに渡ってきた中国系移民(海峡中国人)と現地マレー女性の間に生まれた子孫を指す。男性をババ(Baba)、女性をニョニャ(Nyonya)と呼ぶ。数世紀に渡って東西の交易の重要拠点として栄えてきたマレー半島ならではの文化と言えるだろう。

編集部一押しの観光プラン

日本語トラム優先乗車のありがたさが現地で身に沁みる

シンガポール旅行者の必読記事

(Photo by Tomoaki INABA Tomoaki INABA)

アクセス・入場

プラナカン博物館へのアクセス

MRT NS、EW線City Hall(シティ・ホール)駅から徒歩10分。

プラン相談

どんなシンガポール旅行がしたいのか相談してみよう

「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
「最高のサプライズがしたい」
「5万以内でシンガポール旅行をしたい」
123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
➡詳しくはこちら

人気記事

singapore
海外での防犯対策グッズ