シンガポールのミュージアム・美術館人気ランキング

ミュージアム

19件

Chinatown Heritage Centre

チャイナタウン・ヘリテージ・センター

チャイナタウンの知られざる歴史を知る

多くの華僑が活躍するシンガポール。その歴史を今に伝える文化博物館が「チャイナタウン・ヘリテージ・センター」だ。 中国から移住した人々が実際に暮らした住居を改造しており、当時の生活をリアルに再現された部屋に一歩入るとまるでタイムスリップしたかのような気分になる。

Buddha Tooth Relic Temple and Museum

新加坡佛牙寺龍牙院

王朝様式の寺院で歴史をたどる

この寺院は、仏陀の歯を収める目的で2007年に作られた。 チャイナタウンにあり、朱塗りと金色の輝きで目を引く、日本の寺院とは異なる豪華な様式の寺院である。 祭壇の花やろうそくなども華やかな色彩のものが供えられており、シンガポールでの仏教信仰を学ぶよい機会になるだろう。

The Arts House

アート・ハウス

歴史のある西洋建築

シンガポールの川沿いにある歴史ある建物のひとつで、黄色くて可愛らしい外観が目を引く。 旧国会議事堂を改装して完成した建築物で、2004年にアート・ハウスになり、現在では映画、演劇、絵画、写真の展示をしている。

Changi Prison Chapel and Museum

チャンギ刑務所礼拝堂&博物館

日本軍侵略の歴史を刻むチャンギ刑務所礼拝堂と博物館

シンガポールには、第二次世界大戦中に日本によって統治されていた時代がある。 現在のチャンギ刑務所の場所では、大戦中は日本軍の捕虜となったイギリスやオーストラリアなどの連合軍兵士の収容所として利用され、大戦終結後は日本軍の戦犯者の刑務所として利用されていた。

NUSミュージアム

大学の敷地にある博物館

シンガポール国立大学の敷地内に建てられた博物館。 フロアは3つに分かれており、1つ目のフロアは期間限定の展示が、2つ目は古代中国の陶磁器の展示、そして3つ目のフロアには、シンガポールの有名な彫刻家の作品が展示されている。

カトン・アンティーク・ハウス

プラナカンの伝統文化が残る街並み

カトン地区のクーン・セン・ロードの一角には、プラカナン文化が感じられるカラフルな家々が並んでいる。 その家々は色だけでなく門や壁、タイルなどの装飾のひとつひとつも美しい。

Civil Defence Heritage Gallery

シビル・ディフェンス・ヘリテージ・ギャラリー

シンガポールの消防の歴史を知る「シビル ディフェンス ヘリテージ ギャラリー」

1820年ごろに建てられたレンガ作りの重厚なシンガポール中央消防署の一角にある「シビル ディフェンス ヘリテージ ギャラリー」では、シンガポールの消防の発展や、消防車の進化などについて知ることができる。

Hua Song Museum

ホア・ソン・ミュージアム

華僑の歴史を後世に伝える博物館

中国の神話や教えを再現したテーマパーク「ハウ・パー・ヴィラ」の中にあるのが、「ホア・ソン・ミュージアム」である。 中国の雰囲気が流れるパークに佇む、華僑の歴史を伝える博物館だ。

Mint Museum of Toys

ミントおもちゃ博物館

ビンテージ玩具コレクションで世界に知られる博物館

世界40か国以上から集められた玩具がコレクションされているのが、「ミントおもちゃ博物館」である。 大小5万個にも上るおもちゃが保存されている。 コレクションされているおもちゃは、主に1930-60年代のビンテージ玩具だ。

1 2