セント・アンドリュース大聖堂の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

セント・アンドリュース大聖堂
St. Andrew's Cathedral

2018/01/17 更新

基本情報

住所

11 St Andrew’s Rd Singapore 178959

MTR EW、NS線City Hall駅

料金

無料

営業時間

7:00-18:00
日曜のみ7:00-19:30

休業日

年中無休

HP

データガイド
アクセス・入場

データガイド

概要

特徴


セント・アンドリュース大聖堂は、シンガポールで最も大きな教会だ。美しいゴシック様式の建物や礼拝堂のステンドグラスは息をのむ美しさ。教会の歴史やキリスト教について学べるセミナーもあり、知識を深める事ができるのも魅力。教会のスタッフによる英語のガイドツアーも開催されている。

歴史

1856年にイギリス人ロナルド・マクファーソン大佐設計によって建てられた後、落雷で倒壊してしまった為再建されて現在の姿となった。戦争で当時の日本軍に占拠されるまでは戦地の救急病院として多くの人々を受け入れていた過去を持っている。シンガポールがイギリスと共に歩んだ来た歴史を学び、肌で感じられる貴重な場所だ。

チェック

ラッフルズ卿


この教会はシンガポールの発展に貢献したイギリス人、ラッフルズ卿によって建てられ、現在でもイギリス国教会に所属している。シンガポールを観光すれば、この教会のように各所で彼の存在の大きさを感じる事ができるだろう。

編集部一押しの観光プラン

【H.I.S.】お手頃価格でシンガポール満喫2泊4日ツアー

  • 受託手荷物は20キロまで無料!価格重視の方におすすめ!シンガポール4日間 ホテル81サクラに滞在

    成田を午前中に出発し、現地の夜に到着。滞在3日目の深夜に向こうを出発して朝帰着する4日間のツアー。とにかく安価にシンガポールを訪れたい、という人にはイチオシだ。現地では自由行動だが、困った際はH.I.S.の現地支社が日本語対応でサポートしてくれる。
    ➡ 詳細はこちら
  • ➡ その他のグアムツアーはこちら

    シンガポール旅行者の必読記事

    (Photo by Nigel's Europe & beyond Nigel's Europe & beyond Nigel's Europe & beyond)

    アクセス・入場

    セント・アンドリュース大聖堂へのアクセス

    MTR EW、NS線City Hall駅から徒歩すぐ。

    人気記事

    singapore
    【シンガポールのホテル】避けるべき危険地区の解説・お勧めホテル紹介
    飛行機で安眠できる最強睡眠グッズを旅のプロが厳選
    海外での防犯対策グッズ
    海外旅行中のあらゆる盗難を防止する究極の防犯グッズ特集