景福宮の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

景福宮 (ケイフクキュウ)
경복궁 (キョンボックン)

2017/10/30 更新

基本情報

住所

1-1 Sejongno, Jongno-gu, Seoul

地下鉄3号線경복궁(景福宮)駅

料金

7歳-18歳は₩1,500
19歳-64歳は₩3,000
7歳未満、65歳以上は無料

※景福宮の入場券で国立古宮博物館へも入場可能

営業時間

3月-5月は9:00-18:00
6月-8月は9:00-18:30
9月-10月は9:00-18:00
11月-2月は9:00-17:00

休業日

火曜

HP

Gyeongbokgung Palace
データガイド
アクセス・入場
プラン相談

データガイド

概要

特徴

Gyeongbokgung Palace

ソウルで最も人気の観光スポットといえば、この景福宮だろう。1395年の創建からずっとソウルのシンボル的存在であった景福宮は、日本統治時代に一度破壊されたが、戦後から復元工事が施されている。この工事は現在も続いており、2025年には完全復元が実現する予定だ。

また、敷地内には国立古宮博物館国立民俗博物館といった施設も併設されているため、ソウルに来てすぐにそれらを観て廻れば、駆け足で朝鮮王朝の歴史や風俗の基礎知識を得ることもできる(所要時間は1時間程)。600年以上の歴史をもつこの景福宮を存分に味わって、大昔の王族たちの暮らしに思いを馳せてみるのも楽しいだろう。宮内では、近隣の貸衣装店でチマチョゴリをレンタルし、伝統衣装に身を包んで歩いている観光客の姿も多く見受けられる。

また、地元のボランティアによる無料の日本語ガイドツアーがあるのも嬉しいところ。興味がある人は興礼門をくぐってすぐの所にある案内所の指示に従い、指定の待ち合わせ場所に待機しよう。

歴史

李氏朝鮮時代の正宮として利用されていた宮殿で、5大古宮の中でも最大の敷地面積を誇っているのが特徴だ。水面を利用した景観美も見事なほか、宮殿内にも無数の文化財を抱えている。まさしく、朝鮮王朝の伝統を凝縮した、歴史的なスポットとなっている。

チェック

①光化門、勤政殿、興礼門

Gyeongbokgung Palace

初心者必見の3つの建造物

古宮の敷地内には非常に多くの建造物が存在するため、不慣れな観光客ではどれが重要なものなのかよく分からないということもあるかもしれない。景福宮の場合、訪れたからには絶対に見落としたくない建造物が3つある。

まずは、ソウルのシンボルのひとつである「光化門」だ。朝鮮王朝の権威を示していた門であり、伝統を守る門でもあった。

そして、国宝にも指定されている「勤政殿」。多様な建築様式が混在している木造建築で、眺めるだけでも面白い。

最後は、その2つを結んだ直線上に位置する「興礼門」だ。

この3つが景福宮を代表する建造物なので、何はなくともまずこれらだけは外さないようにしよう。

②世宗大王即位儀式

Gyeongbokgung Palace

5月に開かれる 即位式の再現行事

ソウルの古宮は、さまざまな伝統儀式の再現行事を行うことでも知られている。この景福宮においても、毎年5月に必ず「世宗大王即位儀式」の再現行事が執り行われる。伝統を重んじる韓国らしく、こうした再現行事も厳密な時代考証の上で成立しているので、衣装や動作の隅々にまでこだわりがある。色鮮やかな衣装をまとった臣下たちがずらりと並ぶ様は、ただそれだけでも壮観だ。できればこの時期に合わせて訪問してみると良いだろう。

③慶会楼

景福宮内にある慶会楼

期間限定で公開される国宝

景福宮の中でも、ふだんは一般公開されていない場所がある。それが、国宝となっている慶会楼(キョンフェル)だ。国の大きな祝宴のために作られた宴会場があり、池に浮かんでいるのが特徴。現在でも公的な行事がある場合以外は立ち入りが禁止されている。

2005年からは毎年期間限定で、案内人の引率による特別観覧期間が設けられるようになった。こちらは予約必須で先着順だが、なかなか観る機会のないものなので、旅行のスケジュールと合う場合には検討してみよう。

④守門将交代儀式

景福宮での守門将交代儀式

朝鮮時代の儀式を再現した華やかな交代式

興礼門-光化門間の広場では1日に2回(10:00と14:00)、朝鮮時代に王宮の門の開閉や警備を行った「守門軍」の交代式を見学できる(約20分間)。古来の格式高い伝統行事を歴史家による考察を経て再現したもので、儀式の開始時間になると、広場には大勢の観光客が押し寄せる。当時の軍服を着用した守門将を始めとする兵士達による足並みの揃った交代式は見事。伝統衣装に身を包んだ「吹打隊」(鼓笛隊)の演奏も荘厳で、景福宮の観光の目玉となっている。火曜日は行われないので注意。

⑤ライトアップ

景福宮のライトアップ

ライトアップされた景福宮を満喫しよう

毎年季節ごとに期間限定で開催されている夜間解放されている夜間解放も好評。毎晩2500人限定で入場でき、ライトアップされより幻想的になった景福宮を見学する事ができる。外国人観光客は当日券(枠250人)のみ購入可能。タイミングがあえばぜひ狙ってみてほしい。パスポート必須なので注意。値段は1人あたり₩3000。

編集部一押しの観光プラン

日本語ガイドが評判!魅力を詰め込んだソウル鉄板午前旅

  • 人気の守門将交代式も見学できる

    【ソウル市内(午前)観光ツアー】景福宮&守門将交代儀式!大統領官邸の青瓦台

    景福宮はもちろん、青瓦台や仁寺洞など定番の観光スポットを押さえた鉄板の超人気プラン。人気の守門将交代儀式は見応え十分。博識な日本語ガイドによる要点を押さえた案内も評判だ。午前のプランなので午後からの時間も有効活用できる。

    ➡ 詳細はこちら

  • ➡ その他の景福宮現地ツアーはこちら

    旅のプロ直伝 景福宮観光のポイント

    旅工房コンシェルジュ 居倉有沙さん
    旅工房トラベル・コンシェルジュ
    韓国担当
    居倉 有沙
    提携パートナー
    韓国を代表する古宮のひとつで、ドラマの撮影地としても有名。なかでも「王宮守門将交代儀式」は各国から観光客が訪れるほど人気で見ごたえ抜群です。韓国の伝統衣装(韓服・チマチョゴリ)を着用すると入場料が無料になるので、近くにあるレンタルショップを利用して韓国気分を満喫してみるのもお勧めです。

    また周辺の仁寺洞エリアはフォトスポットもたくさんあるので、カメラを片手に街歩きしてみるのも楽しいですよ。

    ソウル旅行者の必読記事

    (Photo by eimoberg Gilbert Corrales Villalobos hangidan)

    アクセス・入場

    景福宮へのアクセス

    景福宮はソウルでも特に人気の観光地なので、宮殿へのアクセスは非常に容易となっている。地下鉄が便利でお勧めだ。

    地下鉄

    景福宮の最寄駅は、その名のとおり地下鉄3号線の景福宮(Gyeongbokqunq)駅だ。景福宮へも通路で直結しているので、迷わずアクセスすることができる。5番出口から出れば、その先が景福宮の特徴である広大な広場となっているので、あとは広場の端にあるチケット売り場まで向かおう。

    プラン相談

    どんなソウル旅行がしたいのか相談してみよう

    「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
    「最高のサプライズがしたい」
    「2万円以内でソウル旅行をしたい」
    123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
    エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
    ※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
    ➡詳しくはこちら

    人気記事

    ソウルのホテル
    海外での防犯対策グッズ