タマンアユン寺院の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

タマンアユン寺院
Pura Taman Ayun (プラ タマン アユン)

2017/11/26 更新

基本情報

住所

Jalan Ayodya, Mengwi, Kabupaten Badung, Bali 80351

クタからメングウィ方面へ向かい、車で約1時間。

料金

Rp1万5000

営業時間

8:00-18:00

休業日

年中無休

HP

バリで2番目に大きなタマンアユン寺院
データガイド
アクセス・入場
プラン相談

データガイド

概要

特徴

タマンアユン寺院の塔

クタから約1時間のところに位置するタマンアユン寺院は、バリで2番目に大きな寺院として知られている。タマンアユン寺院は、17世紀にムングウィ王国が栄えていた頃、王国を守るために国寺として建てられた。アユンとは、当時ムングウィ王が名乗っていた名前である。

19世紀になると連合国によってムングウィ王国が滅ぼされたが、国が栄えた時代を誇りに思う人々によって、1937年にこの寺院は改修された。現在も地元の人々の憩いの場や、祈祷の場所となっている。

寺院内は、美しく広大な芝生が広がる庭園になっており、ゆっくり散策しながら見学ができる。タマンアユン寺院の最大の見どころは、10基の多重塔が立ち並んでいるところである。この多重塔はメルと呼ばれ、その姿は神秘的で見る人々を圧巻させる。タマンアユン寺院の本殿の中は、正装をしたバリのヒンドゥー教徒だけが入ることができ、旅行者は外から眺める事ができる。

タマンアユン寺院を訪れるなら、タナロット寺院とセットになったツアーなどもあり、バリの歴史を感じるなら、ツアーで巡るのもおすすめである。

旅のプロ直伝 タマン・アユン寺院観光のポイント

執筆者の旅工房コンシェルジュ、藤田茉緒さん
旅工房トラベル・コンシェルジュ
バリ担当
藤田 茉緒
提携パートナー
タマンアユン寺院はクタ地区からもウブド地区からも約1時間で行ける好アクセスで、お客様に人気のあるスポットです。観光地化の進むバリ島ですが、ローカルな雰囲気の息づく村の中にあり、地元の人々がお供え物を作る様子などを見ることができます。バリ・ヒンドゥー教徒の方しか本殿に入ることが出来ないところもまた、神々の島と呼ばれるバリ島の厳かさを感じられるポイントです。

寺院に入場する際には過度な露出は禁止されていますので、カーディガンなどの持参をお勧めします。

編集部一押しの観光プラン

透明度の高い海が魅力!離島でシュノーケリング体験を

  • バリのお勧めツアー

    【バリ島発・レンボンガン島ツアー】シュノーケリング+マングローブツアー

    バリの自然を満喫できる大人気プラン。マングローブが生い茂り、色とりどりのサンゴ礁が広がる離島・レンボンガン島でシュノーケリングを始めとした魅力的なアクティビティーが楽しめる。透明度の高い海を心ゆくまで堪能しよう。
    ➡ 詳細はこちら
  • バリ旅行者の必読記事

    アクセス・入場

    タマンアユン寺院へのアクセス

    Jalan Ayodya, Mengwi, Kabupaten Badung, Bali 80351

    クタからメングウィ方面へ向かい、車で約1時間。

    プラン相談

    どんなバリ旅行がしたいのか相談してみよう

    「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
    「最高のサプライズがしたい」
    「5万円以内でバリ旅行をしたい」
    123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
    エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
    ※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
    ➡詳しくはこちら

    人気記事

    バリのお勧めホテル
    HowTravelおすすめのスーツケースブランド