バリのシュノーケリングに適した海はここ!離島でのシュノーケリングも必見!

2019/03/08 更新

バリのおすすめシュノーケリングスポットと、一押しの離島シュノーケリングツアーを紹介しています。バリの美しい海を満喫しよう!

シュノーケリングとは?

海の中を覗いてみよう

シュノーケリング(英: snorkeling)とは、水中マスク、シュノーケル、フィンの3点セットを使って海で泳ぐマリンスポーツである。スキューバダイビングと違って装備が楽なので、老若男女気軽に楽しめる

ツアーやスポットによって内容も幅広く、のんびりした時間を海で過ごすのにも、自然の雄大さを体感するのにもぴったりの人気アクティビティだ。バリを訪れるなら、ぜひシュノーケリングを楽しもう。

この記事では、バリの有名なお勧めシュノーケリングスポットを解説した後、お勧めのシュノーケリングツアーを紹介する。ぜひお気に入りのスポットを見つけて、美しい海を満喫しよう!

バリのシュノーケリングスポットマップ


スポット名
(クリックで詳細)
特徴

①トランベン

大型魚をたくさん見たい人にお勧め

②アメッド

穴場のスポットでゆっくり楽しむ

③パダンバイ

手つかずのサンゴを見よう

④サヌール

美しいビーチを探しているならここ

⑤ペニダ島/チュニガン島/レンボンガン島

スキューバダイビングが楽しめる離島

⑥ムンジャンガン島

ありのままの自然を楽しむなら



①トランベン

トランベンは、バリ島北東部に位置するダイビングスポットだ。沿海には第二次大戦中の貨物船が沈没していることで有名。船では様々な魚が生息しているため、ここで見られる魚の種類はバリ島の中でも屈指。ダイビングツアーでは、この船を一周するプランが人気である。

このエリアでは大型魚がたくさん見られるのが特徴。ナポレオンフィッシュやギンガメアジなど、迫力満点の魚たちが目の前を通り過ぎるため写真派のダイバーに人気が高い。またナイトダイビングや早朝のダイビングも人気。夜は神秘的な夜行性生物を観察できるほか、早朝はブダイの群れに遭遇することも。

写真派も冒険派も大満足のトランベン。アドベンチャー気分を味わうならぜひここへ。

②アメッド

アメッドはバリ島東端に位置する小さな港町。欧米人観光客に人気のエリアで、長期滞在をする人が多いこともこの街の特徴のひとつである。

沿岸部はサンゴ礁に囲まれており、魚の種類も多く波も穏やか。スキューバダイビングとシュノーケリングのスポットである。

観光シーズンは6〜8月だが、ハイシーズンでも比較的静かでほかの人気エリアのような混み方をしないのがうれしいポイントだ。ゆっくり自分のペースで楽しみたいという人には絶好の街といえるだろう。

山も近いため、山間部をドライブする楽しみもあり。海も山も楽しめるアメッドは、バリらしい風景を満喫するのにぴったりの場所。まだまだ日本人には穴場のアメッドで、あなたらしい休暇をぜひ。

③パダンバイ

パタンバイはバリ島の中心部、クタより東へ車で1時間ほどの場所にある小さな町。ロンボク島をはじめとした、人気の離島に行けるフェリーの発着地にもなっている。

そんなパタンバイは素朴な雰囲気が魅力。手付かずの美しい砂浜が残っており、特にブルーラグーンと呼ばれるビーチは人気のシュノーケリングスポットだ。入り江から見える海の中には見事な枝サンゴやテーブルサンゴが広がっており、魚が目の前で泳ぐ姿が見られる。

また、この一帯は波が高くないので、浜辺で水遊びをするのも楽しい場所。泳ぎが苦手な人でも楽しめるエリアだ。シュノーケリングをする人もしない人も、ぜひ魚の餌付け用のパンやビスケットを用意して、魚とたわむれる時間を楽しんで。

④サヌール

サヌールはバリ島随一のリゾート地。有名ホテルやヴィラが立ち並ぶオシャレなエリアでありながら、ワイワイ賑やかな雰囲気ではなく、落ち着いた空気感が魅力の高級ビーチリゾートだ。

そんなサヌールは、ビーチの美しさが群を抜いている。どこまでも広がる白い砂浜と青い海は絶景そのもの。またこのエリアは朝日が美しいことでも有名。周囲には散歩道が整備されているので、ぜひ早起きをして朝日の中の散歩を楽しんで。

またサヌールでは、各国からの長期滞在者が多いためレストランも多国籍。世界のグルメが楽しめるので、滞在中はきっとお気に入りの店を見つけることができるだろう。素敵カフェが多いのも女子に人気のポイント。ぜひSNSで発信を。

⑤ペニダ島/チュニガン島/レンボンガン島

この3島は、バリ島から東へ沖合い10キロほどの距離にある離島である。

その中でもペニダ島は一番大きな島。この島で訪れてほしいビューポイントは3ヶ所。天使の水たまりと呼ばれる「エンジェルビラボン」、天然の岩が橋のように見える「ブロークンビーチ」、崖のような切り立った斜面が印象的な「クリンキンビーチ」である。いずれもフォトジェニックな光景で、一度見たら一生の思い出になること間違いなしである。

チュニガン島、レンボンガン島は、ペニダ島を取り巻くように位置する小さな島々。けれどもオシャレなコテージやカフェが点在する隠れ家リゾートだ。

ありきたりの観光地では物足りない人におすすめの小島たち。離島の休暇をあなたもぜひ。

⑥ムンジャンガン島

ムンジャガン島はバリ北西部にある島で、バリ西部国立公園の一部になっている。この「ムンジャガン」という言葉は「シカ」という意味で、その名の通り、島には野生のシカがたくさん生息している。

国立公園のため、島にはホテルはあるが居住者はいない。そのため自然環境がそのまま残されており、動植物にとっては楽園のような島である。

島の周辺は美しいサンゴ礁が広がり、シュノーケリングは初心者でも楽しめる。また、島の中のリゾートエリアではシカの群れを見ることも。バードウォッチングも人気なので、ぜひここでしか見られない美しい鳥を見てほしい。

海好き・動物好きにはたまらない島。ありのままの自然を楽しむなら、ぜひムンジャガン島を訪れて。

バリのお勧めシュノーケリングプラン

ここでは主に、個人では行きづらい離島(レンボンガン島など)のシュノーケリングプランを中心に紹介する。バリ島から船で少し離れるだけで、喧騒から逃れた優雅なシュノーケリング体験ができるだろう。

シュノーケリングツアー☆水着だけで参加可能!老舗ダイビングショップが催行する高品質な本格シュノーケリングツアー<半日~終日/南部エリア無料送迎付>

手ぶらでOK!バリを知り尽くしたダイビングショップに全部おまかせお気楽プラン!


バリ島で20年の歴史を持つ老舗ダイビングショップが提供するプランがこちら。サヌールやトランベン、ムンジャガンなど人気のシュノーケリングスポットの中から、行きたい場所が選べるツアーである。

プラン内容は、シュノーケリング用具一式にランチ、ミネラルウォーターまでついた至れり尽くせりのもの。ホテルまで送迎があるので、水着さえ着込んで行けば手ぶらでOKという気楽さが人気のポイントである。

シュノーケリングの難易度は初心者から上級者まで対応。長年地元で信頼を得ているダイビングショップのため、バリのことを隅々まで知り尽くしているので安心だ。


バリで荷物を気にせず手軽にシュノーケリングを楽しむなら、このプランをぜひ。

■料金:$82.00-
■送迎:あり
■所要時間(送迎含む):6.0-15.5時間
■開催曜日:毎日


【バリ島発・離島巡り】フォトジェニック絶景ツアー+マリンスポーツ☆選べるレンボンガン島、ペニダ島 <終日/ホテル送迎付/昼食付/日本語ガイド>

死ぬまでに一度は見たい絶景!自然が織りなす光景は息をのむ美しさ


まだまだ日本では馴染みの少ない、レンボンガン島やペニダ島を楽しむツアーがこちら。プランの名前通り、SNS映えのする名所をあますことなく楽しめる内容になっている。

ペニダ島では自然が作り出した数々の絶景をご紹介。波で浸食された岩が印象的な「ブロークンビーチ」や、ユニークな形の崖がある「クリンキンビーチ」などは、個人ではなかなか行けない場所。政府公認の日本語ガイドが同行するので、より一層楽しめること間違いなしだ。島内では開発が進んでいるため、自然の美しさがそのまま残っているうちにぜひ訪れたい場所である。

お土産にヘアトリートメントオイルがもらえるのもうれしいサービス。女子は自分用に、男性はプレゼント用にぜひ。

■料金:$129.00-
■送迎:あり
■所要時間(送迎含む):8.5-14.5時間
■開催曜日:毎日



【バリ島発・3つの離島巡り】楽園のレンボンガン島、ペニダ島、チェニガン島をシュノーケリングツアー ビーチクラブで寛げる満喫の1日<終日/ホテル送迎/昼食>

スリル満点の海上ラフティングと、ビーチクラブのくつろぎタイムが人気のプラン!


このプランは、バリ島から渡れる3つの離島、レンボンガン島、ペニダ島、チュニガン島をバリ島一の大型スピード船でめぐるツアーである。船がスピード感いっぱいでエキサイティングなため、移動だけでもアクティビティ並みに楽しめる。ただし船酔いが気になる人は酔い止め薬を忘れずに。

ツアーでは、離島ならではの透明感抜群の海を満喫できる。ペニダ島では絶景が楽しめ、島々の間のシュノーケリングスポットでは餌付けの体験も。最後に到着するレンボンガン島では、ビーチサイドのカフェでゆっくりできるのも好評だ。

またツアーではドローン撮影もOK。壮大な風景の写真や動画は、一生の思い出になること間違いなしだろう。お持ちの方はぜひ忘れずに。

■料金:$99.00-
■送迎:あり
■所要時間(送迎含む):9.0-10.0時間
■開催曜日:毎日



ヌサペニダ・レンボンガン島シュノーケリング 運が良ければマンタと逢える!GoProレンタルあり <1日・午前選択可/昼食付あり/南部エリア送迎付>

シュノーケリングをとことん満喫!枝サンゴの森で熱帯魚とたわむれて


バリの東端にある離れ小島、ペニダ島・レンボンガン島・チュニガン島は地元では「ヌサペニダ」と呼ばれるエリア。ダイバーの間では、大型魚が生息する一帯として有名である。

このプランではボートでポイントまで行き、そこから海に入りシュノーケリングを楽しむというもの。丸一日コースと半日コースがあるが、丸一日コースでは約45分のシュノーケリングを3回も楽しめるという、シュノーケリングをとことん満喫できる内容になっている。マンタが泳ぐポイントにも行くので、運が良ければマンタと泳げる可能性も。

また有料オプションで小型防水カメラ「GoPro」のレンタルもあり。視野が広く臨場感あふれる撮影で、ぜひ最高の旅の思い出を残してほしい。

■料金:$93.00-
■送迎:あり
■所要時間(送迎含む):4.0-9.5時間
■開催曜日:毎日



【バリ島発】レンボンガン島満喫ツアー!シュノーケリング+マングローブの林探検+悪魔の涙<ランチ/ホテル送迎 /Wifi付き/ 日本語ガイド付>

レンボンガン島を遊び尽くす!見どころ満載の観光スポットを日本語ガイドで満喫

こちらはバリの最後の楽園と呼ばれるレンボンガン島を満喫するツアー。バリ本島とは比べものにならないくらい透明度抜群の海は、初心者でも楽しめるシュノーケリングスポットがいっぱい。日本人の好みを熟知したガイドが、おすすめポイントをあますことなく紹介してくれる。

ツアーでは、島の大半を覆うマングローブの密林も小舟で散策。複雑な形の枝や根は、自然が作り出した芸術品。神秘的な美しさに圧倒されること間違いないだろう。島内では「デビルティアーズ」と呼ばれる場所も観光する。崖に打ち付ける迫力満点の大波を、真下から見るというレンボンガン島の新しい名所だ。

現地の日本語ガイドが親切という声も多いこのツアー。離島の美しさをぜひ満喫して。

■料金:¥12,444
■送迎:あり
■所要時間(送迎含む):10時間
■開催曜日:毎日


【バリ島発】レンボンガン島秘境ツアー!シュノーケリングたっぷり3か所巡り&マングローブ・デビルティアーズ・ドリームビーチ・充実の島内観光。オプションでSUP,カヤック、サイクリング等自由にカスタマイズ

レンボンガン島の見どころをすべて押さえた充実プラン!海も秘境もぜんぶ満喫!

レンボンガン島のツアーはいろんな会社がやっているが、こちらのプランはシュノーケリングの充実度が段違い。ローカルガイドは島周辺の海を熟知。季節ごとの見どころを知り尽くしているので、その時期一番のスポットに案内してくれる。それも特徴の違うスポットを3ヶ所も訪れるので、シュノーケリング好きにはたまらないプランである。

観光では、「イエローブリッジ」や「ドリームビーチ」、「デビルティアーズ」などを訪れるが、人気は島内の集落をめぐる島内観光。現地ガイドだからこそ案内できるこのコースは、リアルなスローライフが体験できると参加者から好評である。

観光開発が進む島だが、秘境らしさが残った離島。非日常の世界をぜひたっぷりと満喫して。

■料金:¥13,500-
■送迎:あり
■所要時間(送迎含む):11時間
■開催曜日:毎日


※ツアーの諸条件は変更になる場合があり、本サイトの情報はその内容を保証するものではありません。

人気記事

飛行機で安眠できる最強睡眠グッズを旅のプロが厳選
バリのお勧めホテル
【バリのホテル】危険なエリアはある?オススメ地区もご紹介
HowTravelおすすめのスーツケースブランド
スーツケース お勧め人気ブランドランキング