デリーのメトロ(地下鉄)の乗り方、値段 、注意点

デリーのメトロ(地下鉄)

2017/05/05 更新

デリーの地下鉄(メトロ)
データガイド
プラン相談

データガイド

概要

デリーの地下鉄の車内

デリーには「デリー・メトロ」と呼ばれる地下鉄が運行している。デリーを中心に近郊にも路線が伸びており、運行間隔は10分-15分程度と本数も多い。デリーを観光する上で最も手軽な観光手段だ。「メトロ」と名が付くものの実際に地下に潜っている駅はごく一部で、ほとんどは高架になっている。車体も路線名と同じカラーに配色されているので分かりやすい。また、2011年にはインディラ・ガンディー国際空港を結ぶオレンジラインが開通し、空港から市内へのアクセスがよりスムーズになった。

デリー近郊に住んでいる人達の通勤や通学の足としても活躍しており、朝や夕方に利用すると日本と同様のラッシュが起こるので注意。車内では飲食や喫煙はもちろん、ガムを噛む事も禁止されているので気を付けよう。

デリー・メトロ公式ホームページ
http://www.delhimetrorail.com/default.aspx

路線の種類

デリー・メトロは全6路線で、148の駅が存在する。路線にはそれぞれ色の名前が付いていて、車体も路線名と同じ色が入っている(エアポート急行であるオレンジラインを除く)。また、2017年9月にはピンクライン(7号線)、2016年12月にはマゼンダライン(8号線)が一部開通の見込みだ。 

■レッドライン(1号線)
Dilshad Garden(ディルシャート公園)駅-Rithala(リターラ)駅間をほぼ東西に結ぶ。
接続:イエローライン、グリーンライン

■イエローライン(2号線)
Jahangirpuri(ジャハニプリ)駅-HUDA City Centre(フーダ・シティー・センター)間を南北に結ぶ。
・接続:レッドライン、バイオレットライン、オレンジライン

■ブルーライン(3号線・4号線)
Dwarka Sector 21(ドワールカ・セクター21)駅-City Centre(シティ・センター)駅及びVaishali(バイシャリ)駅間を結ぶ。
・接続:グリーンライン、バイオレットライン、オレンジライン

■グリーンライン(5号線)
Mundka(マンドカ)駅-Kirti Nagar(キルティ・ナガー)駅及びInderlok(インダーロック)駅をほぼ東西に結ぶ。
・接続:レッドライン、イエローライン、ブルーライン

■バイオレットライン(6号線)
ITO駅-Escorts Mujesar(エスコーツ・ムジェサール)駅間を結ぶ路線。2017年にはKashmere Gate駅まで延伸予定。
・接続:イエローライン、ブルーライン

■オレンジライン(エアポートメトロ、エアポートエクスプレス)
2011年に開通した、New Delhi駅(イエローライン)とインディラ・ガンディー国際空港を結ぶ急行路線。車体の色はオレンジではない。
・接続:イエローライン、ブルーライン

デリー・メトロの路線図
http://www.transitchicago.com/maps/

乗車券の買い方

トークン

デリーの地下鉄の使い切りチケットであるトークン

デリー・メトロの運賃はRs8-Rs35程度。公式ホームページ等で運賃を調べ、トークンと呼ばれるICチップが内蔵されたチケット代わりのコインを購入する。駅構内の自動販売機や窓口で購入する事ができるが、窓口は長蛇の列になっている場合があるので、自動販売機で購入するか、あるいは下記で紹介するトラベルカードの利用をお勧めする。

トラベルカード(メトロカード)

旅行中、何度もデリー・メトロを利用するのならば「トラベルカード(メトロカード)」の利用がお勧め。日本の「Suica」や「PASUMO」と同じプリペイド式のICカードで、Rs150から購入できる(内Rs50はデポジット)。チャージはRs200から可能で、運賃が10パーセント割安になるのも魅力だ。デポジット料とチャージ料は払い戻しができるが、その際Rs20の手数料が発生する。

また、観光客向けに有効期限が1日-3日のICカード「トラベルカード」も存在する。

デリーの地下鉄(メトロ)の乗り方

デリーの地下鉄では、改札を通る前に空港のようなセキュリティ・チェックが行われる。チェックを受けたら改札に向かい、トラベルカードあるいはトークンを自動改札機の指定の場所にタッチして入場する。降りる時には、改札のスリットにトークンを入れるか、再びトラベルカードをタッチするとゲートが開く。駅構内や車内は清潔で、治安も良い。

編集部一押しの観光プラン

デリーの主要スポットをとことん巡る便利な1日観光

  • デリーのお勧めツアー

    デリー1日市内観光

    デリーの主要な観光スポットを1日で押さえることができる大人気プラン。クトゥブ・ミーナールやビルラー寺院など新市街・旧市街ともにとことん案内。リキシャの体験乗車にインドカレーランチも付き、効率良い観光の強い味方だ。

    ➡ 詳細はこちら

  • デリー旅行者の必読記事

    (Photo by lawtonjm Rakesh)

    プラン相談

    どんなデリー旅行がしたいのか相談してみよう

    「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
    「最高のサプライズがしたい」
    「8万円以内でデリー旅行をしたい」
    123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
    エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
    ※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
    ➡詳しくはこちら

    人気記事

    海外での防犯対策グッズ
    HowTravelおすすめのスーツケースブランド