マカオの通貨・免税、チップの慣習、両替所の場所や営業時間

マカオの通貨・両替・免税

2017/05/05 更新

pataca
データガイド
プラン相談

データガイド

チェックト

通貨

通貨の種類

マカオの通貨はパタカ(MOP)。紙幣は、MOP1000、MOP500、MOP100、MOP50、MOP20、MOP10の7種類。コインは MOP10、MOP5、MOP2、MOP1、MOP0.5、MOP0.2、MOP0.1の3種類。

香港ドルも使用できるので、香港とセットで旅行する場合は換金額にもよるが香港ドルを使用して良いだろう。ただし、大きな額を使う場合はパタカの方がお得だ。

チップの習慣

原則としてチップの習慣はないが、高級ホテやレストランでは喜ばれる。レストランではお釣りを残す程度、ホテルの清掃員などにはMOP10程度が目安だ。なお、大衆食堂やタクシーなどではチップを払う必要はない。

両替

両替の場所、大まかな営業時間と注意点

空港、両替所、銀行、一部デパートで両替できる。銀行は平日は17:00ごろには閉まる。また、支店によっては土日でも営業しているので、急ぎの場合はチェックしてみよう。カジノには24時間営業している両替所もあるので困ったらチェックしてみると良いだろう。両替レートは、空港、両替所、デパートより市内の銀行が良い。

また、パタカから日本円への両替は必ずマカオで行うこと。パタカは日本や香港などマカオ以外の国では両替ができない通貨になっている。

免税

マカオは香港と同様で関税がかからず、免税の概念もない。

編集部一押しの観光プラン

有名監督が手掛ける世界最大級の水上ショー!

  • マカオのお勧めツアー

    「ザ・ハウス・オブ・ダンシング・ウォーター」公演チケット

    元シルク・ド・ソレイユの舞台美術監督が手がける世界最大級の水上エンターテイメントショー。西洋の粋を結集、人間の美しさを極限まで追求した、ダンスありダイビングありの壮大な愛の物語だ。どの席でも見応えがあると非常に人気。

    ➡ 詳細はこちら

  • マカオ旅行者の必読記事

    (Photo by Ken Marshall)

    プラン相談

    どんなマカオ旅行がしたいのか相談してみよう

    「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
    「最高のサプライズがしたい」
    「4万円以内でマカオ旅行をしたい」
    123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
    エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
    ※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
    ➡詳しくはこちら

    人気記事

    マカオのホテル
    海外での防犯対策グッズ