スポンサーリンク

シドニー・ワイルドライフ・ワールドの見所、料金、営業時間、アクセス・行き方等の観光情報

シドニー・ワイルドライフ・ワールド
Sydney WildlifeWorld

2016/11/05 更新

Sydney WildlifeWorld

スポンサーリンク

スポンサーリンク

概要

ダーリングハーバーにある野生動物の生態系を忠実に再現した動物園

Sydney WildlifeWorld

シドニー・ワイルドライフ・ワールドは、シドニー中心部のダーリングハーバーにある動物園である。

ダーリングハーバーというシドニー中心部の抜群の立地を誇りながらも、7000平方メートルの広大な敷地に3階建の建物となっている動物園内の見学通路は全長1キロメートルにも及ぶ。
オーストラリア特有の昆虫類、爬虫類、鳥類や、有袋類をはじめとする哺乳類などが飼育されている。

広大な国土のオーストラリアには、様々な野生動物が生息しているが、熱帯地方の生き物、砂漠地方の生き物、穏やかな気候の生き物など、その生態系は多種多様である。
シドニー・ワイルドライフ・ワールドでは、それぞれの動物の生態系に合わせて、9つのエリアに分かれて生き物たちが飼育されている。
全てのエリアで、飼育されている動物達の生態環境が自然界と同じように再現されているため、さながら都会の中の野生動物保護区といった雰囲気も楽しむことができる。

見どころ

オーストラリアの動物はほとんどここで見ることができる

シドニー・ワイルドライフ・ワールドでは、コアラ、カンガルー、ウォンバット、ワラビーといったオーストラリア特有の動物を全て見ることが出来るうえに、爬虫類や昆虫類も数多く飼育されている。

さらに、鳥類エリアと蝶エリアは観光客が直接中へ入っていくことができるので、手を伸ばせば鳥や蝶が手にとまってくれることもある。
鳥や蝶が好きな人は、ぜひこのエリアへ立ち寄って鳥や蝶と触れ合ってみよう。

尚、シドニー・ワイルドライフ・ワールドは、隣接しているシドニー水族館や、シドニータワー展望台、シドニータワー・スカイウォークと同系列の経営となっているので、シドニー水族館やシドニータワーへも行く予定がある人は、入園料がセットとなった割引チケットを利用した方がお得になる。

(Photo by Joe Brockmeier Joe Brockmeier Liz Lawley)

シドニー・ワイルドライフ・ワールドの危険対策

人気記事

海外旅行に必要なパスポートとお金
海外での防犯対策グッズ
マイルを貯めて飛行機に乗る
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク