グアムの通貨・免税、チップの慣習、両替所の場所や営業時間

グアムの通貨・両替・免税

2017/05/05 更新

http://www.howtravel.com/wp-content/uploads/2016/02/slick_haw-currency-1-1080x717.jpg
  • データガイド

チェック

通貨

通貨の種類
アメリカの通貨はUSドル(USD)で、補助単位はセント(¢)。€1=100¢である。

紙幣は「$100」、「$50」、「$20」、「$10」、「$5」、「$1」の6種類。$100、あるいは$50の高額紙幣は世界中に広く偽札が出回っていると言われ、受け取りを嫌がられたり受け取り時に入念にチェックされる場合がある。小さな店では高額紙幣を扱わないこともあるので注意しよう。

また、コインは「100¢」、「50¢」、「25¢」、「10¢」、「5¢」、「1¢」の6種類。100¢、50¢はあまり一般的ではなく、見かけることは少ない。

チップの習慣

アメリカでは、レストラン、タクシー、ホテルの宿泊(ベルマンやベッドメイキング)等のサービスを受けたときにチップを渡すのが慣習となっている。チップがサービス料として含まれている場合も多いが、素晴らしいサービスを受けた時は渡してみよう。レストランでは料金のの15パーセント-20パーセント、タクシーは料金の10パーセント-15パーセント程度が目安で、荷物の積み下ろしは荷物1つにつき$1。ホテルではベルマンに対し荷物の大きさや個数によって1個につき$2-$3だが荷物が多いときはやや多めに渡そう。ベッドメイキングは$1-$2で、枕元に置いておけば良い。

両替

両替の場所、大まかな営業時間と注意点

最もレートが良いと言われているのは日本での両替で、銀行や空港で両替できる。一方グアムでの両替で比較的レートが良いと言われているのが、DFSギャラリア内にある両替所だ。ここは明るい場所にあり、日本語も通じるので安心できる。その他グアムでは空港、両替所、銀行、ホテル、一部デパートで両替可能。銀行の営業時間は一般的に平日の10:00-15:00で、土日は休みの場合が多い。場所により両替レートが異なり、手数料がかかるところもあるので注意しよう。また、両替額が大きい場合はパスポートの提示を求められることがある。

免税

グアムには消費税がなく、またフリーポートなので輸入関税がかからない。グアム内の全ての店舗が免税店のようなものであり、よって免税手続きは必要ない(ただし売上税が課税されている事も)。もっとも、グアムで免税範囲を超える買い物をした場合には日本帰国時に入国審査で税金の申告が必要なので注意しよう。酒や煙草以外の品目では、1品20万円を超えると基本的に課税される。

人気記事

グアムのホテル
海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
海外旅行に必要なパスポートとお金
wifiレンタル

スポンサーリンク