バッキンガム宮殿周辺×建築物

このカテゴリーをロンドン全域で見る

バッキンガム宮殿界隈×建築物

6件

Buckingham Palace

1

バッキンガム宮殿

ロンドンとイギリス王室の象徴

ロンドンの観光スポットといわれて、誰もが思い浮かべるのがこのバッキンガム宮殿ではないだろうか。 イギリス王室を象徴するネオクラシック様式の宮殿は、そのままロンドンの象徴的存在ともいえる。

Westminster Abbey

2

ウェストミンスター寺院

英国の信仰を守るウェストミンスター寺院

英国の寺院の中で最も歴史の残るウェストミンスター寺院は、ロンドンの名所としては欠かせない場所だ。1987年にはユネスコの世界文化遺産として登録され、世界的にも歴史ある寺院とされている。2011年にウィリアム王子とキャサリン妃が婚礼を執り行ったことで、更に世界中で名を広めた。沢山の人が寺院を訪れるため、入場の際に行列を作ることも珍しくないが、ロンドン・パスを持っていると優先して早く入場することができる。日本語のオーディオガイドを借りることができるため、ガイドを聞きながらゆっくりと観光することをお勧めする。 なお、寺院内では、歴史と伝統、多くの偉人が眠る神聖な場所として、カメラ撮影等は禁じられていることに注意したい。訪れた人にこそ分かる信仰と伝統ある寺院の荘厳さと美しさを目に焼き付けてほしい。

Palace of Westminster

3

ビッグ・ベン(国会議事堂)

数百年にわたって重要な会議が行われてきた宮殿

ロンドンは伝統を大事にする街であり、歴史ある建築物は国の文化的・政治的拠点として利用され続けている。数百年にわたって重要な会議が行われてきたウェストミンスター宮殿は、現在では国会議事堂として機能中だ。そしてまた宮殿に付属している大時計台「ビッグ・ベン」も、ロンドンのランドマークとなっている。ロンドンを訪問した際には見逃せないスポットのひとつだといえるだろう。

スポンサーリンク

Westminster Cathedral

4

ウェストミンスター大聖堂

レンガ造りのイングランド最大のカトリック教会

ウェストミンスター大聖堂は、イングランドおよびウェールズの最大のカトリック教会である。 19世紀後半にローマ教皇庁と英国国教会の関係が改善されカトリック教会が復興した。

Banqueting House

バンケティング・ハウス

ホワイトホール宮殿の豪華なダンスホール

英国王室の晩さん会が開かれる豪華なホールが、「バンケティング・ハウス」である。 1530年から1698年まで英国王室の公式居住地だった、ホワイトホール宮殿の一部として建造されたものだ。

Horse Guards

ホース・ガーズ

パラディオ様式が美しい騎兵隊司令本部

ホース・ガーズは、ロンドン市街中心部ウェストミンスターにあるパラディオ様式の建造物だ。 ただ単に「ホース・ガーズ」と呼ぶときには、建物脇にある広場「ホース・ガーズ・パレード」のことも含めるのが一般的だろう。