バンケティング・ハウスの観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

バンケティング・ハウス
Banqueting House

2017/05/05 更新

基本情報

住所

Whitehall London SW1A 2ER

Circle線 Westminster駅下車

料金

£6.60

営業時間

10:00-13:00
イベント等がない場合は、10:00-17:00
HPで確認すること

休業日

年中無休

HP

http://www.hrp.org.uk/BanquetingHouse/
英語、ドイツ語、スペイン語、フランス語、ブラジル語、イタリア語

Banqueting House
データガイド
アクセス
プラン相談

データガイド

概要

ホワイトホール宮殿の豪華なダンスホール

Banqueting House

英国王室の晩さん会が開かれる豪華なホールが、「バンケティング・ハウス」である。
1530年から1698年まで英国王室の公式居住地だった、ホワイトホール宮殿の一部として建造されたものだ。
火災により、ホワイトホール宮殿は焼けてしまったが、バンケティング・ハウスは火災を免れ、1622年に建造されたままの、歴史ある姿を残している。

その壮麗で美しい造りのホールと、天井一面に広がるルーベンス画は一見の価値がある。

ちなみに、バンケティング・ハウスとは、ステュアート王朝時代に娯楽専用の場所として、住居とは別に建てられたものを意味する。
ホワイトホールのバンケティング・ハウスは、その中でも最も歴史あるハウスとして有名なものである。

見どころ

天井に広がるルーベンス天井画

Banqueting House

王室の威厳を感じさせる、天井に広がる「ルーベンス画」。
バンケティング・ハウスの大きな見どころのひとつだ。

ルーベンスは、16世紀頃にヨーロッパ中で人気があった画家で、本名をピーテル・ハウル・ルーベンスという。
彼がジェームズ1世の威厳と、平和な治世を表現したのが、バンケティング・ハウスの天井画である。
ハウスを訪れた人は、当時の英国王室の繁栄や権力を天井画に見ることができるだろう。

バンケティング・ハウスの床にはソファが置かれ、寝転がって壮大な天井画を鑑賞することができるようになっている。
ハウスの中央には拡大鏡まで置かれているので、いろんな角度からルーベンス画を見ることができる。

traveljunction Anthony Majanlahti)

編集部一押しの観光プラン

ストーンヘンジに楽々アクセス!郊外を3名所網羅プラン

  • ストーンヘンジを巡る現地ツアー

    世界遺産ストーンヘンジ&バースとウィンザー城 日帰り観光ツアー

    郊外にある為ややアクセスしづらいストーンヘンジを始め、ウィンザー城やバースといった3つの名所を効率良く1日で巡れる大人気ツアー。チケットは予約済み、オーディオガイドもあるので効率的に、かつしっかり見学できるのがうれしい。

    ➡ 詳細はこちら

  • ➡ その他のストーンヘンジ現地ツアーはこちら

    ロンドン旅行者の必読記事

    (Photo by Roger W

    アクセス

    バンケティング・ハウスへのアクセス

    Whitehall London SW1A 2ER

    Circle線 Westminster駅下車

    人気記事

    ザ ゴーリングの中庭
    海外での防犯対策グッズ